最新のお知らせ
重要なお知らせ
クロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~
生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤がよく使われます。その中でも、最も多く処方されているのが、このクロミフェンクエン酸塩ではないでしょうか。商品名はクロミッド®

続きを読むクロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

子宮は老化しませんか?
不妊の原因として、年齢の因子はとても大きいですが、年齢とともに妊娠しづらくなってしまうのは、ほとんどが卵巣・卵子が原因です。一人目の治療で、受精卵を凍結し、二人

続きを読む子宮は老化しませんか?

英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するHPVワクチン。昨年のスウェーデンから報告に続いて、英国からも子宮頸がん減少効果が報告され

続きを読む英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。

コロナウイルス感染・コロナワクチン関連の記事をまとめて紹介します。

このブログも、主に産婦人科に関係するコロナ関連の記事を掲載しています。

これらの記事にはアクセスがとても増えてきておりますので、コロナウイルス感染・コロナワクチン関連の記事をまとめます。

クリックするとリンク先に記事を掲載しています。

新型コロナウイルス感染に関連した記事

コロナ感染予防の当院の取り組みとお願い



免疫と感染の情報


コロナ感染の影響

コロナワクチンに関連した記事


文責 桜井明弘(院長、日本産科婦人科学会専門医)

初出:令和3年8月14日
追加修正:令和3年8月20日、21日
追加修正:令和4年3月4日、6月25日、7月25日、8月8日、10月25日、27日

コメントを残す