最新のお知らせ

東急田園都市線たまプラーザ駅3分

安心と信頼の産婦人科クリニックさくら

当院では、不妊治療という専門分野に特化し、患者さんのお悩みに全力でお応えするために「分娩・妊婦検診はおこなっておりません」

産婦人科クリニックさくらは毎日不妊治療の専門女医がいる体制で診療を行っております。
産婦人科クリニックさくらは、ウィメンズヘルス生殖医療(不妊治療)を2本の柱としています。
 

毎日、女性医師がいる体制で診療を行っています。 産婦人科クリニックさくらでは、女性のかかりつけ医、また女性健康外来として婦人科の領域にとらわれず幅広く診療を行い、カラダに優しく、妊娠後にも優しく、こころに優しくをコンセプトに診療を心がけております。

 

不妊治療専門のスペシャリスト桜井明弘院長が当院実績も加味し、さらにそれぞれのカップルの価値観を尊重した検査・治療法を提案しています。 妊娠した後の事も考えなければならないというのが我々産婦人科クリニックさくらの不妊治療の考え方です。また不妊治療だけではなく、一般診療でも患者さんの価値観を尊重し、治療法や不妊治療に対する考え方を丁寧に共有いたします。

食生活や身体のつくり方から、専門医療まで。『総合不妊治療』の産婦人科クリニックさくらでは小さな可能性を笑顔に変えるお手伝いをし続けることをお約束します。

院長ブログ

ビタミンDの不足は、免疫力低下の原因にもなります。〜ビタミンD検査とサプリメントのご案内〜

最近妊娠に必要な栄養素として注目される一方で、多くの方で不足しているビタミンの一つにビタミンDがあります。ビタミンDは、

続きを読むビタミンDの不足は、免疫力低下の原因にもなります。〜ビタミンD検査とサプリメントのご案内〜

GnRHアンタゴニスト(レルゴリクス・レルミナ)は、どのような子宮筋腫に有効ですか? 〜粘膜下筋腫や子宮腺筋症〜

平成31年3月より処方ができるようになったGnRHアンタゴニスト(レルゴリクス、レルミナ®)ですが、発売前から作用につい

続きを読むGnRHアンタゴニスト(レルゴリクス・レルミナ)は、どのような子宮筋腫に有効ですか? 〜粘膜下筋腫や子宮腺筋症〜

スコットランドではHPVワクチンにより、子宮頸がん発症がないことが報告されました。

日本のメディアでは取り上げられていませんが、スコットランドでは、12〜13歳でHPVワクチンを接種した女性に子宮頸がんが

続きを読むスコットランドではHPVワクチンにより、子宮頸がん発症がないことが報告されました。