最新のお知らせ
重要なお知らせ
2022年12月3日
クロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~
生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤がよく使われます。その中でも、最も多く処方されているのが、このクロミフェンクエン酸塩ではないでしょうか。商品名はクロミッド®。医師国家試験でも取り上げられ

続きを読むクロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

子宮は老化しませんか?
不妊の原因として、年齢の因子はとても大きいですが、年齢とともに妊娠しづらくなってしまうのは、ほとんどが卵巣・卵子が原因です。一人目の治療で、受精卵を凍結し、二人目が欲しくなった時にその受精卵

続きを読む子宮は老化しませんか?

英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するHPVワクチン。昨年のスウェーデンから報告に続いて、英国からも子宮頸がん減少効果が報告されました(Falcaro M e

続きを読む英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。

40歳を過ぎると精子は劣化する。

加齢によって妊娠しにくくなることは、特に女性の問題として広く知られるようになり、現在の日本の生殖医療(不妊治療)だけでなく、社会問題となっています。

一方、最近では「男性の加齢」も問題視されており、「精液所見の低下」や産まれてくるお子さんの「染色体異常」などが注目されています。

令和元年8月1、2日、東京で行われた第37回日本受精着床学会学術講演会に、「40歳を過ぎると精子は劣化する ―SQA-Vを用いた検討―」という演題で、ポスター発表をしました。

当院では精液検査にSperm Quality Analyzer-V(SQA-V)という機器を用いています。

当院の不妊カップルを対象に、SQA-Vの結果から、男性の年齢と精子の所見を比較してみました。


対象は、平成25年1月から平成30年10月までに精液検査を実施した1,648名で、年齢は22歳から69歳(平均値35.6±5.4歳、中央値35歳)でした。

検査項目は、精液量と、SQA-Vを用いて、精子濃度、精子運動率、高速直進運動精子率を測定しました。

検討項目は、①基準値を満たさない患者さんの割合と、②年代別の各項目の平均値です。

基準値には、WHOの2010年の精液所見の基準値と、SQA-Vの基準値を高速直進運動精子率にもちいました。


結果と解説を以下に示します。

対象となった男性の年齢分布は以下の通りで、

加齢と精液所見

30代前半、後半、40代前半、20代、の順でした。

「精液量」「精子濃度」「精子運動率」「高速直進運動精子率」の所見が基準値以上、基準値未満を示すと、

運動率、高速運動精子率精液量、精子濃度

青が基準値以上、黄色が基準値未満です。

「精液量」、「精子濃度」は基準値以上がとても多い一方で、「運動率」は基準値未満が増え、特に「高速運動精子率」では過半数が基準値未満と言う結果でした。

次に基準値未満、基準値以上の平均年齢を示します。

基準値以上、未満平均年齢

「精液量」「精子運動率」「高速直進運動精子率」は、基準値未満の方が年齢が高かったです。

そして、最後に各項目の年代別の平均値を示します。

世代別平均値

「精液量」「精子濃度」「精子運動率」「高速直進運動精子率」別に20代、30代前半、後半、40代前半、40代後半以上の平均値を表しました。

「精液量」「精子運動率」「高速直進運動精子率」は年齢とともに減少し、特に「精子運動率」「高速直進運動精子率」は30代後半と40代前半で差が明らかに見られました。

反対に「精子濃度」は年齢とともに上昇します。だんだん濃くなる、と言う意味ですが、精液量が減ることからも、精子以外の液体の部分(精漿)が、少なくなると解釈できます。

当院で最も重視しているのは「高速直進運動精子率」です。

もちろん最も高いのは20代ですが、40代から減少します。

一般的に解釈すれば、女性だけでなく、男性も妊娠に取り組む「年齢」を意識すべきだと思います。

不妊スクリーニング検査には多くの検査項目がありますが、中でも精液検査は早めに取り組むべきです。

精液所見の改善には有効性が高いものがなく、時間がかかるためです。

検査を受けるかどうかも含めた相談も、いつでも承っております。

文責 桜井明弘(院長、日本産科婦人科学会専門医)

初出:令和元年8月20日
補筆修正:令和2年3月12日、5月11日、6月13日

コメントを残す