横浜市たまプラーザ駅 / 不妊治療や妊娠出産のエキスパート

不妊検査

不妊スクリーニング検査

まずは、妊娠相談・治療方針相談をしてみましょう

初診時にはこんな事をお伺いしています。

  • いつから妊娠を考えているのか?
  • これまでに妊娠の経験があるか?
  • これまでの治療経験とその結果
  • 妊娠するためにどのような治療を受けようと考えているのか?

などです。

妊娠をお考えの方は確認してください。
妊娠前のトータルチェック

基礎体温表をつけてみましょう

基礎体温の変化は排卵日や月経の予測、妊娠の判定に役立ちます。

  • 毎朝、目が覚めたら起き上がる前に(トイレに行く前に)、ふとんの中で婦人体温計を用いて体温を測り記録して下さい。
  • 体温は体を動かすとすぐに上昇します。毎日の変化が気になったり、自分の体温は異常ではないかと思われる方も多いですが、不妊診療に大切な排卵日の決定や高温期(黄体期)の評価に重要なので、一緒に日々の変化を見てみましょう。上手く測れなかった日があっても大丈夫です。
  • 測った体温は表にして、受診時に必ず持参して下さい。

 

月経周期に合わせて行う検査

初診のタイミングはいつでも大丈夫です。まずはお話をお伺いしますので、保険証、お持ちであれば、基礎体温表、紹介状を持参の上、ご都合の良いときにご来院下さい。

お話や診察所見でなるべく早くお受け頂きたい検査を提示します。

また早めに各検査を進めたいご希望にもお応えしますが、無理なく出来る時にできる検査を、というご要望にもお応えします。

各種検査
内診・超音波検査・子宮頸がん検査

婦人科の診察の基本になるもので子宮、卵巣の大きさ、位置、動きやすさなどを調べます。超音波は検査の精度を上げるため、腟から細い器械(プローブ)を用います。
不妊の代表的な原因である子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内膜ポリープなどを診断することができます。

また1年以上子宮頸がんの検査をされていない方は、あらかじめ検査することをおすすめしています。この際、横浜市のがん検診もご利用いただけます。

淋菌・クラミジア抗原検査

卵管やその周囲で炎症を起こし、卵管閉塞や卵管周囲の癒着を起こすと不妊症になります。
感染を放置したまま進行すると、激しい下腹部痛や発熱が起こります。
また、子宮外妊娠(異所性妊娠)の原因になることもあります。
検査の結果、これらに感染しているとわかった場合、まずは治療を行うため、抗生物質や点滴治療を行います。パートナーも治療しないと再感染を起こしますので、必ずお二人で治療をお受け下さい。

腟分泌物培養検査(おりもの検査)

いくつかの細菌は、妊娠中の流産や早産の原因となることが知られています。

ガードネラ菌やウレアプラズマ、マイコプラズマといった菌が代表的です。ウレアプラズマやマイコプラズマはご主人の治療も必要です。またB群溶連菌は出生後の赤ちゃんに感染を起こすことが知られています。

ホルモン基礎値

月経中に採血を行い、ホルモンバランスの状態を測り、ホルモンの分泌異常がないかをみます。

卵巣機能の低下や排卵障害を起こす多嚢胞性卵巣、高プロラクチン血症などの診断を行い必要に応じて治療を行います。
月経開始3日目前後が検査に適していますが、月経開始1日目~7日目でも検査は出来ます。

抗ミュラー管ホルモン(AMH)

卵巣予備能を測定します。わかりやすく言うと卵子の在庫の目安です。

当院でのAMH平均値は、

30歳以下 4.0
31〜35歳 3.0
36〜40歳 2.0
41〜45歳 1.0
45歳以上 0.2

当院のデータからは、

・同じ年齢でもとても高い方から低い方まで様々です。同じ年齢で同じ卵巣機能ではない、と言う意味です。

・3.0を下回ると妊娠率が低下します。

・1.5より低いと、1.5より高い場合に比べて出産率が1/3程度になります。

・0.1を下回るとほとんど妊娠することがありません。

・卵巣チョコレート嚢胞があると、AMHが低下し、卵巣チョコレート嚢胞を手術すると、さらにAMHが低下します。 

妊娠を考えている方、またまだ考えていない場合でも30歳以上の方には一度測定することをお勧めしています。

卵胞計測

「卵胞《らんぽう》」とは、卵巣にできる卵子が含まれた袋のことで、経腟超音波で卵胞の発育をみて、排卵日を予測します。排卵誘発剤を用いない自然の周期では、排卵時に平均的に20mmくらいの卵胞がつくられます。ご自分で基礎体温表や排卵検査薬でタイミングをお取りになっている方は、超音波検査の卵胞計測をあわせて行うと、より排卵日の特定がしやすくなります。卵胞計測(排卵日チェック)だけなら月1〜2回程度の通院で治療が可能です。

排卵期採血

排卵期にホルモン採血を行い、排卵のタイミングを調べます。この結果と、基礎体温表、
超音波検査で卵胞計測をあわせて行う事により、排卵のタイミングを詳しく知る事が出来ます。

排卵ができていても卵子が良い状態で排卵できない場合があります。排卵させるhCGという注射剤や排卵誘発剤で改善することができます。

黄体機能検査

基礎体温表、超音波検査で排卵しているか、また子宮内膜の厚さを計測し、採血による黄体ホルモンの測定を行います。黄体ホルモンには体温上昇作用があり、基礎体温が上昇し高温相が形成されます。
また、子宮内膜を成熟させて、受精卵を着床しやすい環境にします。

妊娠判定

排卵日から2週間以後、尿検査で妊娠判定を行います。市販の判定薬を用いてご自分で検査をしても結構です。

クラミジア抗体検査

採血を行い、以前にクラミジア感染した可能性がないか、つまり不妊因子として
卵管の因子がないかをみることができます。(※採血ですので月経期でも検査可能です。)

風疹・麻疹・ムンプス・水痘帯状疱疹ウィルス抗体検査

・風疹(三日ばしか)・・・妊娠中の感染で赤ちゃんに先天性風疹症候群を起こします。
・麻疹(はしか)・・・妊娠中の感染で流産、死産率が非常に高くなります。 
・ムンプス(おたふく)・・・妊娠中の感染で流産率が2倍になります。
・水痘帯状疱疹(水ぼうそう)・・・妊娠中の感染で赤ちゃんに先天性水痘症候群を起こします。
これらの抗体の有無を採血で調べ、抗体価が低い方にはワクチン接種を行っています。
ワクチン接種後2ヶ月の避妊期間を要しますので早めに検査を受けて下さい。

卵管検査(卵管通水検査または卵管造影検査)

妊娠するには卵管が通っているかが重要です。卵管の中の膨大部というところで卵子と精子がうまく出会えないと受精ができません。

卵管検査とは、卵管の通過性を調べるスクリーニング検査です。

・腟内の子宮口から子宮の中にチューブ(ヒスキャス)を留置し、生理食塩水または造影剤(フェムビュー)を注入しながら超音波検査を行います。通常は卵管の通水検査を行いますが、以前にクラミジアや淋菌に感染した事のある方や、子宮内膜症、下腹部手術の既往がある方には卵管造影検査をお勧めしています。

  • 一般的には月経終了後から排卵の前に行いますが、最も適しているのは月経終了直後です。
  • 卵管検査は完全予約制です。ネット予約もできます。
  • 卵管検査の前に必ずクラミジア抗原検査で陰性であることを確認してから行います。
  • 検査時間はおおむね10分程度です。検査の前に問診を行います。
※卵管検査に関するよくあるご質問は、こちらをご覧下さい。
受精方法

不妊治療の産婦人科クリニックさくら横浜市の産婦人科クリニックさくらはたまプラーザ駅から3分の不妊治療専門クリニックです。

お問い合わせ TEL 045-911-9936 お電話受付 10:00~18:00

かんたん便利!さくらのWeb予約


  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.