今年に入ってから、妊婦さんが罹ると流産、赤ちゃんの病気の原因となるウィルスがはやっています。

沖縄県はじめ、拡がりつつあった全国の麻疹の流行は収束に向かっているようではありますが、まだ散発的な報告が続いており、また埼玉県でも新たな感染が報告されています。

全国的な麻疹ワクチンの供給不足のため、当院でも麻疹ワクチンに引き続き、MRワクチンも在庫がなくなってしまいましたが、横浜市助成で接種できるMRワクチンが入荷されました。

引き続き、自費で接種する麻疹ワクチン、MRワクチンは入荷のめどが立っていません。

麻疹は風疹(三日ばしか)や水痘(水ぼうそう)とともに、子供が罹る病気、一度罹れば二度とかからない(終生免疫)という印象が強いですが、本当でしょうか。

妊娠中に感染してはいけない感染症は沢山ありますが、中でもこの、

・風疹

・麻疹

・ムンプス

・水痘

は、ワクチンで感染を予防することが出来ます。

産婦人科クリニックさくらでは、これから妊娠を考えるカップルに、抗体検査を行うことと、必要に応じたワクチンの接種を積極的にお勧めしています。

次のページでは、この流行が拡大した麻疹(はしか)についてまとめました。