オンライン診療には、通常の診療費に加えて利用料がかかります。

10月26日より改定され、オンライン使用料(1000円、税別)、アプリ使用料(300円、税別)となりました。

現在話題となっている「オンライン診療」、聞いたことがありますか?

わざわざ医療機関を受診しなくても済んだらなあ、と思われること、多いのではないかと思います。

これまでの診療は、「対面診療」が原則でしたが、遠隔診療のニーズやネット環境の充実などにより、オンライン診療が認められています。

オンライン診療とは、形態はいくつかありますが、当院では、患者さんのスマートフォンのアプリと、当院の診察室のPCを繋いで行っています。

しかしながら、どんな診療もオンラインでできるわけではありません。

当たり前ですが、診察や検査をしないと分からない、また注射を受けるのも受診が必要ですよね。

また、オンライン診療のガイドラインでは、緊急避妊を除いて「初回対面」の原則があります。


一方で、検査の結果を聞くだけとか、毎回同じ薬を処方してもらっている、のような場合、必ずしも「対面」で診療を受ける必要がないこともありますね。

オンライン診療のメリットは、来院する必要が無いため、

・時間の節約、交通費の節約

・待ち時間を減らせる

・待合室や交通機関などでの感染の予防(これからの季節、インフルエンザや風邪、感染性胃腸炎などが心配されます)

具体的に当院で想定しているオンライン診療の内容は、

・前回受けた検査結果の説明と、必要な場合の処方箋の送付

 子宮がん検診

 各種血液検査

 腟分泌物(おりもの)培養検査

 STI(性行為感染症)検査など

・安定している状態での薬の処方(保険診療は処方箋を送付します。自費診療ではお薬を送付します。いずれもお薬が切れないよう、数日の余裕をもってご利用ください)

例えば、

 低用量ピル(OC)(トリキュラー、ファボワール、ラベルフィーユ)

 月経困難症治療薬のLEP(ルナベル・フリウェル、ヤーズ、ジェミーナ)

  *OC・LEPの処方には、問診の他に血圧測定が必要です。ご自宅に血圧計を準備してください

 子宮内膜症治療薬「ジエノゲスト」「デュファストン」

 子宮筋腫治療薬「レルミナ

 その他、ホルモン剤、鎮痛剤、男性不妊の処方、漢方など。

その他、院内で自費処方している薬剤

 フルコナゾールレトロゾールクロミッドシアリスDHEAメラトニン月経調整(ノアルテン)など。


オンライン診療は、事前に「次回の診療はオンラインで」とのお約束が必要です。

 基本的に診療は受診していただく「対面診療」ですが、特例として患者さんの病状が安定している場合に「オンライン診療」が認められています。

 「次回の診療はオンライン診療で」とした場合に、オンラインではなく、直接受診する「対面診療」にしていただいても構いません。


オンライン診療には、通常の診療に加えてオンライン使用料(1000円、税別)、アプリ使用料(300円、税別)がかかります。

・保険診療では、

再診料、処方箋が発行された場合の処方箋料に、オンライン使用料とアプリ使用料がかかります。

処方箋を通常の郵便ではなく、レターパックでの送付をご希望なさる場合は、別途510円かかります。

・自費診療では、

自費再診料(1300円)と、オンライン使用料とアプリ使用料、薬剤を送る場合は薬剤料と、送付料(ヤマト運輸実費) がかかります。

・横浜市の子宮がん検診の結果では、

オンライン使用料とアプリ使用料のみ、がかかります。

保険診療の再診料、処方箋料以外は税別で、診療、配送にかかるコストはすべてご登録いただくクレジットカードに請求させていただきます。

オンライン診療を行う場合に利用するのはこちらの「curon」というサービスです。あらかじめお手持ちのスマートフォンにアプリをダウンロードし、情報を登録し、当院で確認作業をしておく必要があります。


オンライン診療は、当面、

火曜日、木曜日の16時、16時半

とし、ご予約は、診療設定日の30日前から3日前の12時とさせていただきます。

ご利用になるスマートフォンは、国内で購入されたものであればこのアプリが使えますが、海外で購入されたものでは動作確認ができていません。またiPadでの動作が可能な場合もあります。

しかし、このアプリは日本国内のみの利用を前提としており、海外との通信環境が確立していないこと、セキュリティ面でのリスク、当該国の薬事法等関連法令を鑑みて、海外でのご利用につきましては推奨していません。

令和元年7月に改訂されたガイドラインに基づいた当院のオンライン診療計画は、こちらをご覧下さい。

産婦人科クリニックさくらオンライン診療計画1.8.2

(初出:令和元年7月15日)
(更新:令和元年7月23日)
(更新:令和元年7月30日)
(更新:令和元年8月2日)
(更新:令和元年8月9日)
(更新:令和元年8月19日)
(更新:令和元年8月23日)
(更新:令和元年10月11日、16日、31日)