最新のお知らせ
重要なお知らせ
クロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~
生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤がよく使われます。その中でも、最も多く処方されているのが、このクロミフェンクエン酸塩ではないでしょうか。商品名はクロミッド®

続きを読むクロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

子宮は老化しませんか?
不妊の原因として、年齢の因子はとても大きいですが、年齢とともに妊娠しづらくなってしまうのは、ほとんどが卵巣・卵子が原因です。一人目の治療で、受精卵を凍結し、二人

続きを読む子宮は老化しませんか?

英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するHPVワクチン。昨年のスウェーデンから報告に続いて、英国からも子宮頸がん減少効果が報告され

続きを読む英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。

梅毒などSTI検査の内容を更新しました。〜STI(性感染症)の診断をされたら他のSTIも検査しましょう・重複感染〜

STI(性感染症)は、性行為によって細菌、ウイルスが感染する病気で、かつては性病、とよばれていました。日本で最も多いSTIがクラミジアで、クラミジアに感染してい

続きを読む梅毒などSTI検査の内容を更新しました。〜STI(性感染症)の診断をされたら他のSTIも検査しましょう・重複感染〜

避妊とか、生理痛の目的にピルを飲んでいますが、どうしてコンドームを使わなければならないの?

避妊目的に限らず、月経痛の軽減やPMS(月経前症候群)などの治療目的に低用量ピル(OC/LEP)を服用する方が多くなっています。目的はなんであれ、避妊効果がある

続きを読む避妊とか、生理痛の目的にピルを飲んでいますが、どうしてコンドームを使わなければならないの?