コンドームが破れた、外れた、着けていなかった時に、妊娠が心配になりますよね。

普段から低用量ピル(OC)を飲んでいる、避妊用の子宮内リングを装着している場合を除けば、妊娠を避ける方法はアフターピル(緊急避妊薬)です。

性交渉から72時間以内に服用することで、妊娠の可能性を著しく下げることができます。内服は早ければ早い方が効果が高いです。

(72時間を過ぎた場合は効果がないのではなく効果が弱くなり、120時間まではIUDや、最近の報告ではIUSも同様の効果があり、使用します)


緊急避妊薬にジェネリック医薬品「レボノルゲストレル錠1.5mg」を採用しています。

これまでの「ノルレボ錠」は、15,500円の処方料がかかっていましたが、このジェネリック薬で、8,500円と価格を改定しました。


レボノルゲストレルは、OC「トリキュラー®」「ラベルフィーユ®」、LEP「ジェミーナ®」、子宮内黄体ホルモン放出システム(IUS)ミレーナ®」にも含まれている黄体ホルモンで、安全性も高い、といえます。

避妊効果は100%ではありませんが、実際に妊娠してしまった方はほとんどありません。


緊急避妊という方法がある、ということを知っておき、心配なときにはお気軽に相談にお越し下さい。

また、来院の際には、性感染症の検査や、子宮頸がん検査乳がん検診についても問診して、必要に応じて検査します。性暴力による場合は、ワンストップにも繋いでいます。

そして緊急避妊の後は、避妊用の低用量ピルの服用や、IUDを装着することも、検討しましょう。


*現在、先発品「ノルレボ®」は院内採用していません。先発品を希望される方が、たまにいらっしゃいますが、レボノルゲストレルは先発品、ジェネリック医薬品ともに効果には差がありません。ご心配な方はよく相談して服用して下さい。

*緊急避妊は、婦人科受診へのアクセスが悪い場合や婦人科受診をためらってしまうケースがあるため、初診からオンライン診療を利用することが認められています。しかし、緊急避妊薬を受け取るまでに上に書いた72時間を越えてしまうため、現実的ではなく、受診していただく方が確実です。

初出:平成31年4月25日
補筆修正:令和元年7月6日
補筆修正:令和2年1月30日、3月10日、5月20日、10月9日、12月25日
補筆修正:令和3年1月21日、2月19日