横浜市たまプラーザ駅 / 不妊治療や妊娠出産のエキスパート

ピル(低用量ピルOC)

OC/LEP(低用量ピル)

ピル(OC/LEP)

ピルとは

産婦人科クリニックさくら 産婦人科診療 ピル

低用量経口避妊薬のことです。ピルという呼び名が一般的ですが、英語のOral Contraceptives(経口避妊薬)の頭文字を取って「OC」と呼ばれています。

一方で、低用量エストロゲン・プロゲスチン療法の意味から「LEP」とも呼ばれ、国内では月経困難症などに保険処方される低用量ピルを、LEPと呼び分けていますが、OCもLEPも、低用量ピルです。
低用量ピルは、副作用を少なくするために、避妊効果を保ちながらホルモン量を減らすという努力から生まれてきました。

  • ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンが含まれています。
  • 毎日規則正しく服用する事で、より確実な避妊効果が期待出来ます。
  • 赤ちゃんが欲しくなったら、ピルの服用を止めれば速やかに妊娠可能なもとの状態になります。
  • 一相性と三相性の2種類のピルがあります。

ピルの副効用

副効用とは、副作用とは異なり、主作用以外の良い効果を指します。
ピルには以下の副効用が知られています。

  • 避妊効果が期待できるので妊娠の不安から解放される。
  • 月経周期が規則的になる。
  • 出血期間が短くなる。
  • 月経前症候群(=PMS、いらいらなど)や月経痛が軽くなる。
  • にきびや多毛症がよくなる。
  • 良性乳房疾患が減る。
  • 異所性妊娠(子宮外妊娠)、卵巣のう胞などが減る。
  • 卵巣がんのリスクが減る。
  • 子宮体がんのリスクが減る(服用を中止しても、その効果は持続する)

副作用

  • 軽い吐き気
  • 周期の途中に起こる軽度の出血、時に長期。
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 乳房の張り
  • 血栓症

※症状がひどい場合や長く続く際はご相談ください。
頻度は少ないですが、最も重篤な副作用は血栓症(血管の中に血のかたまりのできる病気)です。

血栓症は以下の諸症状に注意し、心配なときは医療機関、処方機関に連絡するか、服用を中止し、ひどい時には救急受診が必要なこともあります。

OC/LEPの処方を受ける際、下のような患者さんカードが配布されています。
携行し、気になる症状があれば、繰り返しご覧下さい。

産婦人科クリニックさくら 産婦人科診療 ピル

産婦人科クリニックさくら 産婦人科診療 ピル

血栓症発症を未然に防ぐため、産婦人科クリニックさくらではピル服用前、服用中には必ず定期検査をして患者さんの健康管理をしています。

  • OC/LEP、中用量ピル(不正出血を止める、月経を起こす、月経調整、緊急避妊など)服用前にOCチェックシートによる問診と血液検査
  • OC/LEP服用開始、3週間目を目安に血液検査
  • 以後、3ヶ月毎に受診
  • おおむね1年ごとに血液検査
    (40歳以降の方、リスクが高い方は6ヶ月毎)

血液検査では、血液凝固検査・肝機能、血算、脂質検査などを行います。一部自費検査が含まれています。
*2017年4月21日から処方可能となった「ヤーズフレックス」では当面、上記の検査に加えて、内服開始後2、3か月目にも血液凝固検査(自費)を行います。

検査の詳しい内容はこちらをご覧ください

3ヶ月毎の処方時に毎回問診と血圧測定を行っています。

1年に1度の、がん検診・超音波検診についてもチェックしています。

ピルの服用方法

「21日間服用し7日間休む」28日周期が基本です。
当院ではOCとして、マーべロン28、トリキュラー28、ファボワール28、ラベルフィーユ28をご用意し、LEPとして、ヤーズ、ルナベルLD/ULD、フリウェルLDを処方しています。

4月21日(金)より、最長120日間服用を継続できる「ヤーズフレックス」の処方が可能です。

21錠タイプ

21錠全てに有効成分が入っていて、21日間服用し、その後7日間休みます。
※薬を服用しない期間があります。

28錠タイプ

有効成分の入った21錠を服用した後、引き続き有効成分の入っていない錠剤(プラセボ)を7日間同じように服用します。

フレックスタイプ

2017年4月21日からヤーズと同成分のヤーズフレックスが処方可能です。

ヤーズフレックス

フレックスタイプは、3週間(21日)以上服用し、不正出血が3日以上起こった場合、また不正出血が無い場合は120日間連続服用出来る製剤です。不正出血が3日以上起こったときと、不正出血が無い場合でも120日服用したら、4日間服用を中止(休薬)し、再度服用を開始するもので、最長で服用出来たら年に3回ほどの出血を起こすだけでコントロールが可能です。

OC/LEPでの出血でも痛みが強い方、子宮内膜症の一つである卵巣チョコレート嚢胞がある方に勧められます。

*OC/LEPを飲み忘れた場合

飲み忘れが1日であれば気付いたときに忘れた分をすぐ服用します。
また、その日の錠剤もいつも通り服用します。2日以上飲み忘れてしまうと最後に飲み終えた時から2~3日後に出血が始まります。飲み忘れが2日以上続いた場合は服用を中止し、次回の飲み始めの時期を医師と相談しましょう。

ピル(OC)を服用してはいけない方

  • 乳がん・子宮がん・子宮頚がんおよび、その疑いのある方
  • 原因不明の性器出血がある方
  • 血栓症の方、または血栓症にかかった事のある方、血栓のリスクが高い方
  • 35歳以上で1日15本以上のたばこを吸う方
  • 前兆がみられる偏頭痛のある方
  • 手術後や出産直後の方、またこれから手術をを予定している方
  • コレステロール値や中性脂肪値に異常のある方
  • 高血圧の方(軽症の方を除く)
  • 妊婦またはその可能のある方、授乳中の方。
  • その他、40歳以降の方、肥満の方には原則処方をお断りしています

ピルを服用する際の注意点

ピル服用で飲み忘れが無ければ、ほぼ100%避妊効果が期待できますが、HIVをはじめとした、性感染症を防ぐものではありませんので、これらの感染防止には必ずコンドームを使用して血液・粘液・体液・などの直接の接触を無くす事が重要です。

  • ピルに含まれるホルモンが原因で太る事はありませんが、水分貯留によるむくみ、食欲増進作用が、患者さんによっては現れることがあります。
  • 服用前にきちんとした排卵・月経周期がみられる方は、服用をやめればいつでも妊娠できる状態に戻ります。
  • お酒を飲んでも特に問題はありませんがお酒の飲み過ぎで服用を忘れないようにしましょう。
    またピルの成分が一緒に吐き出されてしまった場合は十分な効果が得られない可能性もありますのでお酒の飲み過ぎには注意をして下さい。

不妊治療の産婦人科クリニックさくら横浜市の産婦人科クリニックさくらはたまプラーザ駅から3分の不妊治療専門クリニックです。

お問い合わせ TEL 045-911-9936 お電話受付 10:00~18:00
土曜日 10:00~13:00

かんたん便利!さくらのWeb予約


  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.