避妊だけではなく、月経痛やPMS(月経前症候群)、月経不順や子宮内膜症の治療と、副効用(主作用=避妊)を目的とした服用が大変多くなっています。

よくいただく質問の中に「ピル飲むと太るでしょ?」と服用をためらう場合があります。


ピル(OC・低用量ピル)を飲むと太るのでしょうか。


日本産科婦人科学会の「OC・LEPガイドライン(2015)」によると、「(OCの)服用と体重増加との間に因果関係はない」とされています。

その根拠として、にきびの治療を目的とした14歳以上のプラセボとの比較で6ヶ月間体重増加がない論文と、2年間若年の長距離ランナーを対象としたOCを服用しない場合との比較(体重、体脂肪ともに増加しない)が紹介されています。

実際に服用している方たちの中でも、体重が増えて困る、と言う方はほとんどありません。

体重が増える場合は、むくみ、と食欲増進です。

OCに含まれているホルモンは、エストロゲンと黄体ホルモンです。

むくみはOCに含まれるエストロゲンによる水分貯留作用なので、OCの休薬期間に改善します。

また黄体ホルモンは食欲を増します。生理の前に食欲が出るのと同じ作用です。

むくみも食欲も、強く出るようであればOCの種類を変えてみます。

OCにはたくさんの種類がありますが、エストロゲンが含まれる量や黄体ホルモンが異なるため、種類を変えてみると解消されることがほとんどです。