月経困難症や子宮内膜症に伴う痛みに対して保険処方が可能な「ヤーズフレックス®

ヤーズフレックス

「ヤーズ」は、月経困難症に対して保険処方ができるLEP(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合剤)で、

LEPと言ってもOC(低用量ピル)と本質的には同じでした。

これは28日(4週間)に1回、消退出血という出血がみられる内服薬です。

 

「ヤーズフレックス」は、最長120日間服用が可能で、特にLEPやOCによる出血でも痛みがある方、服用中でも子宮内膜症を原因とした痛みがある方には、出血する機会が少なくなることから有効な治療法となります。

また、卵巣チョコレート嚢胞がある場合、これまでのLEPやOCよりも縮小効果が高いとされています。

ヤーズフレックスの服用方法は、

・飲み始め

 月経初日から、またLEP/OCから切り替える場合、次の新しいシートを飲み始める予定の日から。

・飲み方

 最初の24日間は、出血があってもなくても連続で服用し、25〜120日目までは「連続する3日間の出血」があった場合「4日間の休薬」を、120日間服用したら「4日間の休薬」をします。

ヤーズフレックス服用法
(バイエル社資料より)

*当初は途中で不正出血があることもあるので、28日に1回の定期的な出血があることにメリットを感じている方は、これまで通りヤーズなどのLEP/OCが勧められます。

詳しくわかりやすい動画はこちら
↓↓
http://whc.bayer.jp/ja/yazflex/method/

・飲み忘れてしまった場合

気づいた時点で飲み忘れ分を服用し、その日はいつも通りの1錠も服用します。

2日以上忘れてしまった場合は、飲み忘れ分のうち、1錠だけ服用し、その日の分も1錠服用します。

飲み忘れで出血が起こった場合も上記の飲み方に準じ、3日以上出血したら4日間休薬して下さい。2日以上忘れると不正出血が起こりやすくなります。飲み忘れを無くすため、下に紹介するアプリも活用しましょう。

・ヤーズフレックス、アプリの紹介

http://whc.bayer.jp/ja/yazflex/support-application/?cid=eig_mmg_tx_170501_2

・内服中の検査

当院ではOC/LEPを服用中に規定の検査を行っています。

◎まとめると、

・月経痛以外で服用する場合、「OC」
(避妊、月経不順、PMS、ニキビ/肌荒れなど)

・月経痛で服用する場合で、4週間毎の決まった出血を希望する場合、「LEP」→ヤーズ、ルナベル、フリウェル

・月経痛で服用する場合で、出血の際の痛みをなるべく回数少なくしたい、またはチョコレート嚢胞がある場合、「ヤーズフレックス」

と言う選択をしてみてはいかがでしょうか。

(初出:平成29年5月6日)
(補筆修正:平成30年9月28日)