最新のお知らせ
重要なお知らせ
2022年12月3日
クロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~
生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤がよく使われます。その中でも、最も多く処方されているのが、このクロミフェンクエン酸塩ではないでしょうか。商品名はクロミッド®。医師国家試験でも取り上げられ

続きを読むクロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

子宮は老化しませんか?
不妊の原因として、年齢の因子はとても大きいですが、年齢とともに妊娠しづらくなってしまうのは、ほとんどが卵巣・卵子が原因です。一人目の治療で、受精卵を凍結し、二人目が欲しくなった時にその受精卵

続きを読む子宮は老化しませんか?

英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するHPVワクチン。昨年のスウェーデンから報告に続いて、英国からも子宮頸がん減少効果が報告されました(Falcaro M e

続きを読む英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。

OC/LEPやPOPを解説した動画を作成しました。〜低用量ピル関連記事のご案内〜

避妊のためだけで無く、月経痛やPMS(月経前症候群)、月経不順、ニキビ・肌荒れなど、低用量ピル(OC/LEP)は様々なトラブルの解決を目的として、治療に使われています。どうしてピルを飲むと、

続きを読むOC/LEPやPOPを解説した動画を作成しました。〜低用量ピル関連記事のご案内〜

当院で処方している低用量ピルの一覧と特徴 〜ジェネリック薬「ドロエチ」の処方を開始しました〜

現在国内で処方可能な低用量ピルは、16種類になりました。当院では以下の低用量ピルを処方していますが、ピルを必要とする症状や目的に応じて、その特徴を活かした処方を行なっています。 そ

続きを読む当院で処方している低用量ピルの一覧と特徴 〜ジェネリック薬「ドロエチ」の処方を開始しました〜

ピル

ピルは太る? 将来妊娠しにくくなる? など 〜低用量ピル(OC/LEP)にまつわる誤解〜

低用量ピル(OC/LEP)は、避妊だけではなく、月経痛やPMS(月経前症候群)、月経不順や子宮内膜症の治療と、副効用(副作用とは異なる、主作用以外の良い作用)を目的とした服用が大変多くなって

続きを読むピルは太る? 将来妊娠しにくくなる? など 〜低用量ピル(OC/LEP)にまつわる誤解〜

OC/LEPとPOP 〜月経痛、PMS、子宮内膜症予防〜 の動画を作成しました。

現在、多くの方が月経痛やPMSの治療目的にOC/LEP(低用量ピル)やPOP(黄体ホルモン単剤ピル)を服用しています。月経痛やPMSが起こる原因や機序、その対策法を説明し、中でもOC/LEP

続きを読むOC/LEPとPOP 〜月経痛、PMS、子宮内膜症予防〜 の動画を作成しました。