現在国内で処方可能な低用量ピルは、16種類になりました。

当院では以下の低用量ピルを処方していますが、ピルを必要とする症状や目的に応じて、その特徴を活かした処方を行なっています。

 

それぞれの特徴はあくまでも一般的なもので、実際に服用してみると異なる場合もあります。その場合は次に適すると思われる処方を行なったり、低用量ピル以外の治療を提示することもあります。

低用量ピルは、処方する医師の経験や考えも異なるので、ここではガイドラインなどを参考としながら、一例として説明します。

OC? LEPとは??

低用量ピルは、自費処方するOCと、保険処方するLEPに分けられます。LEPはいずれも「月経困難症」がある場合に保険適応となり、ヤーズフレックスのみ、子宮内膜症に伴う疼痛も適応となります。

OCは、避妊目的の処方ですが、副効用として改善が期待されるPMS月経不順などにも処方されることがあります。

プロゲスチン? 世代??

低用量ピルは、エストロゲンであるEE(エチニルエストラジオール)と、プロゲスチン(黄体ホルモン)が含まれた合剤です。

現在治験が行われている製剤を除いて処方が可能な低用量ピルは全て、エストロゲンにはEEが共通して配合されていますが、低用量ピルを特徴付ける一つがプロゲスチンで、その開発の経緯から、第1世代から第4世代と分類されます。

この開発は、いかに副作用を少なくし、また男性ホルモン作用を弱くするか、という点が主です。

エストロゲンと黄体ホルモンは、例えば妊娠にとっては協調して作用しますが、相反する作用を持っています。

その一つが女性ホルモンの代表であるエストロゲンに対して、黄体ホルモンは男性ホルモン作用を持っています。

通常、排卵後に黄体ホルモンが分泌されますが、月経前に肌荒れ、ニキビなど、男性ホルモン作用がみられることから理解しやすいと思います。

第4世代のヤーズに含まれるDRSP(ドロスピレノン)は、子宮内膜症や月経困難症に用いられるジエノゲストと同様に、男性ホルモン作用が全くないプロゲスチンです。

超低用量ピル??

上に書いたEEは、血栓症などの副作用を来す原因となります。よって、低用量ピルを服用出来ない方はEEを含まない黄体ホルモン製剤(POP)ミレーナなどを選択することが多いです。

低用量ピルとは、副作用を減らす目的に、含まれるEEを極力少なく設計されています。このホルモン量は、ぎりぎり不正出血が起こりにくい量に設定されており、つまり飲み忘れや体調の変化、また体質によっては不正出血が起こりやすくなってしまう理由です。

従来低用量ピルには30〜40㎍のEEが含まれていましたが、ルナベルULDの登場で、EEは20㎍と一気に減らされ、そのため「超」低用量ピル、と俗語的に呼ばれているのです。

一相性? 三相性?

ピルに含まれるEEとプロゲスチンは、その配合パターンによって一相性と三相性に分けられます。

一相性とは、含まれるEEとプロゲスチンには変化がなく、毎日同じ分量を服用します。

それに対して三相性とは、21日間の実薬の中で、含有量を3パターン変化させるもので、国内では3種類製造されていますが、当院ではトリキュラー(ラベルフィーユ)のみを取り扱っています。

黄体ホルモンは体調の変化に関係するため、PMSは一相性の方が優れているとされています。

一方で三相性ピルは、内服を始めた数ヶ月くらいにみられやすい不正出血が少ない傾向にあり、月経不順や不正出血、避妊を目的とした服用に向いている傾向があります。

一相性は毎日同じ量のピルを服用しますが、三相性では成分が異なるため、飲み間違いには注意が必要です。

周期投与? 連続投与? フレックス投与?

一般的なピルは、21日間の実薬内服期間と7日間の休薬期間があり、またヤーズのみ24日間の実薬と4日間の休薬ですが、これを周期投与と呼び、28日毎に出血が起こります。

これに対して、ジェミーナは、周期投与と連続投与を選ぶことが出来、連続投与の場合は77日間の実薬と7日間の休薬で、約3ヶ月毎の周期を作ることが出来ます。

ヤーズフレックスはやや面倒な方法ではありますが、途中で不正出血が無ければ最長120日間の実薬と4日間の休薬となり、4ヶ月毎の周期となります。

連続投与やフレックス投与のメリットはいくつかありますが、

・痛みや出血が起こる日数が減らせる

・特に卵巣チョコレート嚢胞などの子宮内膜症に対する治療効果

を挙げることが出来ます。

一方で連続投与やフレックス投与は、内服期間が長期にわたるため不正出血を起こしやすいです。

それぞれのピルの長所は?

上に述べてきた以外の長所は、LEPの中ではジェネリック薬である、フリウェルやドロエチが大変安価であることです。

薬剤料だけでいうと、1シートあたり600円〜800円前後で、月経困難症の方のみが適応となりますが、とても心強いですね。


ヤーズでは上に書いた男性ホルモン作用がないことに加えて、抗ミネラルコルチコイド作用から、最もむくみを起こしにくいピルです。

それぞれのピルの短所は?

ヤーズの男性ホルモン作用がない点はメリットである一方で、デメリットにもなりえます。

男性ホルモンは、女性の皆さんも、もちろん男性と比べるとずっと少ない量ですが、分泌されています。

男性ホルモンは男性作用、これはニキビや多毛をもたらしますが、同時にやる気やモチベーションアップ、性欲などの精神的な作用も有しています。男性ホルモン作用を抑えすぎると、うつや、気分の落ち込みがみられることもあります。

当院でも成績不振に悩んでらっしゃった格闘系のアスリートの方が受診されました。話を伺うとヤーズを服用してから、とのことだったので、上記の理由から他の製剤に変更したところ、うまくマッチして成績が戻った、と報告してくれました。

一例ですが、選択する薬剤の特徴を活かせたと考えられました。

低用量ピルを使う目的、理由はさまざまですが、最も適した製剤を選択するお手伝いをしたいと思っていますので、診察室で相談致しましょう。

初出:令和4年3月5日
補筆修正:令和4年4月26日、7月13日、ドロエチの発売をもとに修正しました)