若年女性の、多のう胞性卵巣や月経不順とは

月経が来ない(無月経)であったり、月経が不順であったり。

月経が来ないのを楽でいい、と思ってしまう若い方もいますが、いつ来るのか予定が立てにくい、妊娠したのではないかといつも心配、と思う方が多いです。

婦人科を受診し、血液検査や超音波検査で「多のう胞性卵巣(多嚢胞性卵巣)」とか「PCO」「PCOS」と言われたことは無いでしょうか。

また、ホルモン検査は異常が無いものの、やはり月経は不順である。

治療法はどうしたらよいのでしょうか。

若年女性の、多のう胞性卵巣や月経不順の治療法は?

これらの女性の多くは、排卵ができていない、または排卵が毎月ではなく、たまに起こるだけ、の場合もあるため、赤ちゃんを考えている場合は、排卵を起こす治療が必要ですが、まだ妊娠を考える前の世代、若年の皆さんの多のう胞性卵巣や月経不順に対する治療法を考えてみましょう。

PCOS・月経不順治療一覧

治療方法は大きく分けて4種類、他に漢方やサプリメントによる治療を行うこともあります。

Kaufmann(カウフマン)療法

Kaufmann(カウフマン)療法とは、本来の排卵、月経周期を擬似的に作ることにより、この治療を止めた時のリバウンド効果を期待します。

内服法

内服法は、月経(消退出血)の5日目からプレマリン(エストロゲン製剤)を1日2錠、21日間服用し、19日目(プレマリン開始の2週間後)からプロベラ(黄体ホルモン製剤)を1日2錠、7日間服用(プレマリンと併用)、同時に服用を終えると、数日後に出血があります。飲み忘れると不正出血があるので、注意が必要です。

注射法

注射法は、月経(消退出血)の10日目にペラニンデポー(エストロゲン製剤)を注射し、20日目にルテスデポー(エストロゲンと黄体ホルモンの合剤)を注射、ルテスデポーの注射の10日後に出血があります。この方法も、ルテスデポーの注射が遅れると、不正出血がみられます。

OC(低用量ピル)

OC(低用量ピル)は、避妊薬と同じです。他の方法では治療中に妊娠する可能性もあるため、避妊効果も期待したい場合はOCが適しています。月経痛が強い方にも勧められます。

飲み忘れるとやはり不正出血がみられ、また避妊効果は弱まります。

Holmstrom(ホルムストローム)療法

Holmstrom(ホルムストローム)療法は、排卵しないために分泌しない黄体ホルモンを用いて擬似的な排卵後(つまり月経前)の状態を一定期間作り、その後出血させる方法です。

内服法

内服法は、ジドロゲステロン(デュファストン)を、出血から15日目(2週間後)から1日2回、10日間服用するもので、服用が終わると数日後に出血がみられます。他の内服法と同様、飲み忘れると不正出血がみられます。

注射法

注射法は二つあります。

 一つはデポー剤を使う方法で、この方がより自然の排卵に近い状態が作れます。出血から15日目(2週間後)にプロゲデポーを注射します。約10日後に出血がみられます。

 もう一つはプロゲステロンを注射する方法で、こちらは注射から約5日後に出血がみられます。

最後に、

クロミフェン療法

クロミフェン療法で、生殖医療でも用いられる治療で、積極的に排卵を起こす、排卵誘発剤です。上記のいずれよりも最も根本的な治療で、治療後自然排卵が起こるのを期待します。ただ、治療中に排卵が起こるため、避妊を希望している方には向かない方法です。また、内服中は効果をみるために基礎体温をつけて頂き、副作用などのチェックに、毎月最低1回は受診が必要です。

しかし、自然排卵の癖をつけることができるため、妊娠の1年くらい前になったら、この治療法が最も適しています。

男性ホルモンに対する治療

もう一つ、表にはありませんが、多のう胞性卵巣で男性ホルモン(テストステロン)が高い場合、男性ホルモン作用を弱めるスピロノラクトン(アルダクトン)が有効な場合があります。

にきび・肌荒れ

男性ホルモン作用が弱まると、ニキビ・肌荒れや多毛、そして排卵障害が改善して月経が順調になることが期待されます。

治療期間の目安と目標

OCを除いて、どの治療法もおおむね6ヶ月ほどを目安に治療を行い、治療後にも症状が変わらなければ再度治療を行います。

このように、様々なホルモン治療があり、またそれぞれの長所短所があります。

治療の選択は、いつ頃、赤ちゃんを作るのか、という人生設計にも影響されます。

それぞれのメリットデメリットを考え、最も適した治療法を、お一人お一人に向き合って考えています。