過多月経、月経困難症の治療器機である、子宮内留置器具の「ミレーナⓇ」。

703543_475651362485411_1423354928_o.jpg

もともとは避妊効果を、より高めた避妊リングとして開発されたものですが、避妊効果を高める目的にレボノルゲストレル、という黄体ホルモンが添加されています。このレボノルゲストレル、およそ5年間の装着期間内に少しずつ溶け出して、ミレーナが挿入された子宮の内側、子宮内膜が厚くなることを抑制します。

ここから、月経量が多い、すなわち過多月経の治療として、また月経量を減らすことにより月経痛の軽減効果があります。

先日、装着したばかりの患者さんが、強く言いました。

「先生、入れるまで怖い怖いと思っていたのに、こんなにすんなりと入っちゃうんですね。心配して損しました。」

またこの患者さん、次の来院の際に、月経がすごく減ったことに対しては、

「先生、どうしてこれをもっと多くの女性に広げないんですか? 妊娠を考えていない女性ならみんな入れたらいいのに。」

ミレーナについての解説は次のページをご覧下さい。