最新のお知らせ
重要なお知らせ
クロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~
生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤がよく使われます。その中でも、最も多く処方されているのが、このクロミフェンクエン酸塩ではないでしょうか。商品名はクロミッド®

続きを読むクロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

子宮は老化しませんか?
不妊の原因として、年齢の因子はとても大きいですが、年齢とともに妊娠しづらくなってしまうのは、ほとんどが卵巣・卵子が原因です。一人目の治療で、受精卵を凍結し、二人

続きを読む子宮は老化しませんか?

英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するHPVワクチン。昨年のスウェーデンから報告に続いて、英国からも子宮頸がん減少効果が報告され

続きを読む英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。

月経困難症治療の低用量ピル、エチニルエストラジオール・ドロスピレノン配合剤「ヤーズフレックス」

月経困難症や子宮内膜症に伴う痛みに対して保険処方が可能な低用量ピル=LEP(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合剤)「ヤーズフレックス®

ヤーズフレックス

LEPと言ってもOC(低用量ピル)と本質的には同じです。

「ヤーズフレックス」は、最長120日間服用が可能で、特にLEPやOCによる出血でも痛みがある方、服用中でも子宮内膜症を原因とした痛みがある方には、出血する機会が少なくなることから有効な治療法となります。

また、卵巣チョコレート嚢胞がある場合、これまでのLEPやOCよりも縮小効果が高いとされています。

ヤーズフレックスの服用方法は、

・飲み始め

 月経初日から、またLEP/OCから切り替える場合、次の新しいシートを飲み始める予定の日から。

・飲み方

 最初の24日間は、出血があってもなくても連続で服用し、25〜120日目までは「連続する3日間の出血」があった場合「4日間の休薬」を、120日間服用したら「4日間の休薬」をします。

ヤーズフレックス服用法
(バイエル社資料より)

*当初は途中で不正出血があることもあるので、28日に1回の定期的な出血があることにメリットを感じている方は、これまで通りヤーズなどのLEP/OCが勧められます。

詳しくわかりやすい動画はこちら
↓↓
http://whc.bayer.jp/ja/yazflex/method/

・飲み忘れてしまった場合

気づいた時点で飲み忘れ分を服用し、その日はいつも通りの1錠も服用します。

2日以上忘れてしまった場合は、飲み忘れ分のうち、1錠だけ服用し、その日の分も1錠服用します。

飲み忘れで出血が起こった場合も上記の飲み方に準じ、3日以上出血したら4日間休薬して下さい。2日以上忘れると不正出血が起こりやすくなります。飲み忘れを無くすため、下に紹介するアプリも活用しましょう。

・ヤーズフレックス、アプリの紹介

http://whc.bayer.jp/ja/yazflex/support-application/?cid=eig_mmg_tx_170501_2

・内服前、内服中の検査

当院ではOC/LEPを服用前と内服中に規定の検査を行っています。

薬価は、1シート28日分の3割自己負担で

・ヤーズフレックス 2,350円

です。

◎まとめると、

・月経痛以外で服用する場合、「OC」
(避妊、月経不順、PMS、ニキビ/肌荒れなど)

・月経痛で服用する場合で、4週間毎の決まった出血を希望する場合、「LEP」→ヤーズ(ドロエチ)、ルナベル(フリウェル)、ジェミーナ

・月経痛で服用する場合で、出血の際の痛みをなるべく回数少なくしたい、またはチョコレート嚢胞がある場合、「ヤーズフレックス」または「ジェミーナ

と言う選択をしてみてはいかがでしょうか。


避妊をはじめ、月経不順やPMS、ニキビ・肌荒れ、排卵痛などの目的に服用する場合は、自費処方のOCの適応となります。


OC/LEPと黄体ホルモン(POP)について解説動画を作成しました。

文責 桜井明弘(院長、日本産科婦人科学会専門医)

(初出:平成29年5月6日)
(補筆修正:平成30年9月28日)
(補筆修正:令和2年1月31日、6月9日、8月21日、10月2日)
(補筆修正:令和3年4月17日)
(補筆修正:令和4年7月18日、9月21日)

コメントを残す