最新のお知らせ

現在、処方制限のある薬剤が多くありますのでご注意ください。

現在麻しんの報告が散発していますが、残念なことに唯一の予防法であるワクチンの納入に見込みが立ちません。


国内で流通する医薬品の欠品が問題となっています。

インフルエンザやコロナ感染の際にははよく使われますが、麦門冬湯や、メジコンを除く鎮咳剤が入手困難となっています。どうぞ皆さま、くれぐれもインフルエンザ、コロナ感染にご注意ください。 薬が足りません。

新型コロナウイルス感染の流行やロシアによるウクライナ侵攻、サプライチェーンの不安定さにより、欧州や中国などから輸入される薬剤、薬剤の原料の流通が滞りがちです。また昨年4月に開始された体外受精など生殖補助医療の保険適用により、薬剤の生産が追いつかず、全国的に医療機関や薬局に納入されない事態が発生しています。さらに追い討ちをかけたのがジェネリックメーカーの不正問題。不正が発覚して製造を中止している複数の企業の影響が大きいようです。ジェネリック一辺倒を見直さなければならないと思います。

以下に、当院で採用している薬剤のうち、現在処方が制限されている薬剤を列挙します。

(×)で示したものは現在絶対に処方ができないもの、(△)は他の薬剤に切り替えて処方しているもので、無印は当院ではなんとかやりくりできているものの、処方数の制限をしています。

黄体ホルモン製剤

・ノアルテン(△)

・プロベラ(×)・ヒスロン(×)、ジェネリック薬の「メドロキシプロゲステロン酢酸エステル(MPA)」は◯

不妊治療で使われる排卵誘発剤など

・hCG製剤3000単位(△)、5000単位(×)、10000単位(△)

・オビドレル(△)

・ゴナールエフペン450単位(×)

漢方薬

・ツムラ「麦門冬湯」(×)

・クラシエの漢方錠剤(×)

解熱鎮痛剤

・カロナールなど

その他

・シナール(△)

・ムコソルバン・アンブロキソール

・メジコンを除く鎮咳剤

抗生物質全般

・ビブラマイシンなどを除く

ワクチン

・MRワクチン(横浜市助成、自費分ともに)(×)

・麻しんワクチン(×)

医療機関や薬局の在庫は施設により異なるため、かかりつけでご相談ください。

令和6年5月1日、アップデート