生殖医療(不妊治療)で用いられる排卵誘発剤、これには大きく分けて内服薬と注射剤がありますが、内服薬は卵巣を刺激する効果が弱く、注射は刺激が強いです。

2015-11-06 12.06.42.jpg

レトロゾール

内服薬の中で最も有名で、最も多く使われているのが、「クロミッド」。

そして、よりマイルドな刺激で知られているのが「レトロゾール」で、日本では「閉経後乳がん」が保険適応とされています。

その薬理作用を応用して、排卵誘発剤として一般生殖医療だけでなく、体外受精などの高度生殖医療でも使われています。

内服方法は施設によって異なりますが、当院では、

・月経開始3日目から5日間内服

して頂いています。

内服後、月経の12日目頃から、超音波で効果を確認します。

レトロゾールの特徴として、

卵巣から分泌されるエストラジオール(E2)値が低くなることがあります。レトロゾールの抗エストロゲン作用のためで、低いと卵子が悪い、妊娠しにくい、と言うことにはなりません。

副作用はほとんどありませんが、眠気が現れることがありますので、自動車の運転には注意して下さい。

また頭痛なども見られることがありますが、一般的には軽度です。

服用にあたっては、飲み忘れがあった場合、気付いた時になるべく早く服用して下さい。
1日以上経った場合には、まとめて服用せず、5日間服用する予定が6、7日間にわたっても治療効果への影響は少ないです。

飲み合わせ(相互作用)としては、抗真菌剤、睡眠導入剤などとの併用に注意が必要です。

薬価は、排卵誘発剤としての保険適用がないため、自費で、5錠(1周期分) 1,750円(税別)です。