基礎体温のデータ保存管理が出来るサービスではトップシェアを誇るルナルナの、「ルナルナ体温ノート」のデータを、診療で拝見できる「ルナルナメディコ」を導入しています。

画面イメージ画像1

皆さんが日々入力されているデータを、診察室のPC上で見やすく表示されるため、診察の際に拝見することが出来ます。

画面イメージ画像2

これまで24時間だけ有効な「ルナルナデータ番号」を、患者さんが発行し、診察室で拝見していましたが、このデータ番号が、患者さんのクリニック毎に割り当てられた番号に、3月28日(木)から変更されます。

手順として、

1. 「ルナルナデータ番号発行・管理」のページから、受診する婦人科を検索してください。

2. 受診する婦人科のページにある「データ番号発行」のボタンを選択します。

3. 医師に開示するデータを選択し、生年月日を入力、「ルナルナデータ番号を発行」のボタンを選択すると、受診する婦人科で利用できる「データ番号」の発行が完了します。

4. このデータ番号を見せて頂ければ、当院のカルテに記載しておけますので、受診の度にデータ番号を発行する手間が省けます。

また、このデータは開示しない設定に、いつでも変更ができます。


どうぞ、外来診療でご活用頂けたら、と思います。

(初出:平成30年7月27日)
(更新:平成31年3月26日)