横浜市たまプラーザ駅 / 不妊治療や妊娠出産のエキスパート

男性不妊検査

男性の妊娠前、不妊検査

精液検査

不妊症の原因は女性因子50%、男性因子50%と言われています。男性因子では精子の数が少なかったり、動きが良くないと妊娠しにくくなります。
精液検査は精液中の精子の濃度、運動率などを調べます。

検査適応日
  • 奥様の排卵期を除く時期にお受け下さい。
  • 検査は診療日であればいつでも出来ます。完全予約制ですので予めご予約下さい。ネット予約もできます。
検査に際して
  • 精液検査の前には、3〜4日間禁欲(射精しない)期間があると検査の精度がよくなります。
  • 採取する場所はご自宅でも、クリニック内の専用室でも構いません。
  • 自宅で採取の場合、採取後タオルにくるむなど人肌程度の温度に保ち、1時間から2時間以内にお持ち下さい。時間を超えてしまう場合はご相談下さい。採取時間を必ず容器のラベルにご記入下さい。
  • カルテを作るため、ご主人の保険証と奥様の診察券をペアにしてお持ち下さい。

 

検査方法

産婦人科クリニックさくら 男性検査・精液検査

男性の不妊スクリーニング検査でほとんど唯一と言っていいのが精液検査です。

産婦人科クリニックさくらでは専用機器、SQA-V Goldを用いて精液検査を行っています。
通常の顕微鏡をみながら行う精子濃度、運動率だけをみる精液検査に比べると格段に詳細な検査ができます。

例えば、「高速直進運動精子」の比率です。
運動精子には、まっすぐ早く運動している良好な精子から、動いてはいるもののあまり進みがよくないもの、動いているがその場でくねくねと、ほとんど進まないものなどがあります。妊娠にあずかるのは、この「まっすぐ早く」運動する精子なのです。
これまでの顕微鏡での観察では、どれくらいを早いとするか、検査を担当する人によって若干異なることがあり、施設内、施設間での成績や治療方針に差が生じていました。
器械でカウントすることは、人間の不得手な客観的な評価を可能にし、また多くの精子を同時に解析できる点が大きなメリットです。

当院で行う新しい精液検査は、この機器を用いるため、通常の保険診療で行うよりも詳細な結果が得られ、治療方針に役立たせることが出来ます。
検査は、予約制で自費検査とさせていただき、6,250円(税別)かかります。

採取容器をお渡しし、ご自宅で採取して、ご本人か奥様が持参する場合と、院内の採精室をご利用いただく場合があります。

産婦人科クリニックさくら 男性検査・精液検査

検査結果では主に、 「精液量」「精子濃度」「高速直進運動精子数」 と、白血球、SMIという値が重視されます。

それぞれWHOが提唱している値を正常下限値としています。そして、

精液量(ml)×精子濃度(/ml)×高速直進運動精子率(%)

から精液全体に含まれる高速直進運動精子の数を計算します。

高速直進運動精子数が2000万以下では妊娠率が低いため、正常値を2000万としています。
さらに7000万を超えるかSMI(精子自動性指数)が300を超える方は特によく、精子数が少ない場合に行う人工授精(AIH)では妊娠が望めません。
これは矛盾するようですが、精液所見が優れている場合、タイミング法(性交渉)で妊娠しない理由で、精子が少ない場合の治療であるAIHは適さない、ということです。

これは関東生殖医学会でも発表したデータに基づいたものです。

精液検査所見は体調やストレス等により大きく左右されることがあります。

異常所見が見られた場合、以下にその後の方針をお示しします。

  1. 再検査:精液の所見は日々変化し喫煙、飲酒、睡眠不足、ストレスなどを減らし再検査を受けることで正常値を得られることがあります。再検査は約1ヶ月以上の期間を置いて行います。
  2. 薬物療法:漢方薬、ビタミン剤、血行改善剤により、精巣血流を増やしますが、即効性に乏しいことが多いです。
    またコエンザイムQ10を含むサプリメントが運動率の改善につながることが報告されており、運動率だけが悪い場合に適応となります。
  3. 人工授精(AIH):後述するように、元気な運動精子(上記の高速運動精子)のみをできるだけ抽出して、子宮内に注入します。

その他、重度の乏精子症の場合、以下の検査もお勧めしています。

    • ホルモン検査 下垂体から分泌されるホルモンによって精子形成が妨げられていることがあります。
    • 泌尿器科受診 「精策静脈瘤」などの疾患の診断をしてもらいます。
    • 染色体検査 男性の性を決めるY染色体の一部、AZFと呼ばれる領域に異常がある可能性があります。この異常は治療で授かる男児にも遺伝します。

また以下の治療が必要な場合があります。

  • 高度生殖医療(顕微授精・ICSI) 重度の乏精子症や精子無力症の場合適応となることがあります。
  • 精巣上体・精巣精子顕微授精(TESE-ICSI) 特殊な機器を用いるため適応となる方は当該施設を紹介します。

 

風疹検査

妊婦さんが妊娠初期に風疹に罹ると、赤ちゃんの先天性風疹症候群の原因となります。

先天性風疹症候群は、耳や目、心臓に障害をもたらし、出生後、早くに命を落としてしまうことも少なくありません。

四年前の全国的な風疹の流行、原因は風疹抗体のない男性でした。

30〜50歳代の男性は、中学生の頃の風疹ワクチンの接種対象外でした。

これは行政のミスですが、これから妊娠した奥様のため、社会の妊婦さんのため、風疹の流行を予防するためには、男性の風疹検査とワクチン接種が欠かせません。

お子さんを欲しいと思う男性は、これを機に是非とも検査をお受け頂きたいと思います。

2月は風疹撲滅月間です。

 

男性用サプリメント『SOサポートII』

産婦人科クリニックさくら 男性検査・精液検査

「SOサポートII」は、特にコエンザイムQ10を主成分とした、男性用サプリメントで、亜麻仁油、ビタミンC、ビタミンEが配合され、もちろんGMPマークも取得しています。

コエンザイムQ10は、ビタミンC、Eと3~6ヶ月併用することで、精子の運動率を向上させ、妊娠率の向上に役立つ可能性がある(Koboriら、2014)

 

 

  • 精液検査で運動率が低い、または良好運動精子数が少ない方
  • 漢方療法やビタミン剤など、他の方法で精液所見があまり改善しない方
  • なかなか妊娠に至らない方

このような方に特にお勧めです。

コエンザイムQ10と精液所見の改善に関する上記論文の解説記事は、こちらもご覧下さい

2015.08.06発売の雑誌「Tarzan」No.678に取り上げられました。

産婦人科クリニックさくら 男性検査・精液検査 産婦人科クリニックさくら 男性検査・精液検査

掲載ページは「30代の夜の“性”活」について、でコエンザイムQ10などの抗酸化作用が、精子の「質」を高める、という内容で、お勧めのサプリメントとして、掲載されたものです。

産婦人科クリニックさくら 男性検査・精液検査

 

スマートフォンアプリ『Seem』で精液検査

精液検査には今話題の、スマホで精子のセルフチェックができるキット「Seem」などがあります。当院での限定販売は16年7月末を持って終了しましたが、現在一般販売されています。

産婦人科クリニックさくら 男性検査・精液検査

妊活中の男性で、「正直、自分に原因がないか心配」「精液検査を受けなければならないけど、どうしても受診する時間が無い」「精液検査、恥ずかしい、抵抗がある」という方、少なくないと思います。

このキットは、ご自身で精液検査の最低限のチェックが出来ます。

キットを購入し、無料アプリ「Seem(シーム)」をダウンロード。
アプリが解説する使用方法にそってチェックをするだけで、「精子濃度」「精子運動率」の2項目が自動的に測定できます。

 

 

現在お使い頂けるのは、iPhoneのみです。

不妊治療の産婦人科クリニックさくら横浜市の産婦人科クリニックさくらはたまプラーザ駅から3分の不妊治療専門クリニックです。

お問い合わせ TEL 045-911-9936 お電話受付 10:00~18:00

かんたん便利!さくらのWeb予約


  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.