加齢によって妊娠しにくくなることは、特に女性の問題として広く知られるようになり、現在の日本の生殖医療(不妊治療)だけでなく、社会問題となっています。

一方、最近では「男性の加齢」も問題視されており、「精液所見の低下」や産まれてくるお子さんの「染色体異常」などが注目されています。

令和元年8月1、2日、東京で行われた第37回日本受精着床学会学術講演会に、「40歳を過ぎると精子は劣化する ―SQA-Vを用いた検討―」という演題で、ポスター発表をしました。

当院では精液検査にSperm Quality Analyzer-V(SQA-V)という機器を用いています。

当院の不妊カップルを対象に、SQA-Vの結果から、男性の年齢と精子の所見を比較してみました。


対象は、平成25年1月から平成30年10月までに精液検査を実施した1,648名で、年齢は22歳から69歳(平均値35.6±5.4歳、中央値35歳)でした。

検査項目は、精液量と、SQA-Vを用いて、精子濃度、精子運動率、高速直進運動精子率を測定しました。

検討項目は、①基準値を満たさない患者さんの割合と、②年代別の各項目の平均値です。

基準値には、WHOの2010年の精液所見の基準値と、SQA-Vの基準値を高速直進運動精子率にもちいました。


結果と解説を以下に示します。

対象となった男性の年齢分布は以下の通りで、

加齢と精液所見

30代前半、後半、40代前半、20代、の順でした。

「精液量」「精子濃度」「精子運動率」「高速直進運動精子率」の所見が基準値以上、基準値未満を示すと、

精液量、精子濃度運動率、高速運動精子率 

青が基準値以上、黄色が基準値未満です。

「精液量」、「精子濃度」は基準値以上がとても多い一方で、「運動率」は基準値未満が増え、特に「高速運動精子率」では過半数が基準値未満と言う結果でした。

次に基準値未満、基準値以上の平均年齢を示します。

基準値以上、未満平均年齢

「精液量」「精子運動率」「高速直進運動精子率」は、基準値未満の方が年齢が高かったです。

そして、最後に各項目の年代別の平均値を示します。

世代別平均値

「精液量」「精子濃度」「精子運動率」「高速直進運動精子率」別に20代、30代前半、後半、40代前半、40代後半以上の平均値を表しました。

「精液量」「精子運動率」「高速直進運動精子率」は年齢とともに減少し、特に「精子運動率」「高速直進運動精子率」は30代後半と40代前半で差が明らかに見られました。

反対に「精子濃度」は年齢とともに上昇します。だんだん濃くなる、と言う意味ですが、精液量が減ることからも、精子以外の液体の部分(精漿)が、少なくなると解釈できます。

当院で最も重視しているのは「高速直進運動精子率」です。

もちろん最も高いのは20代ですが、40代から減少します。

一般的に解釈すれば、女性だけでなく、男性も妊娠に取り組む「年齢」を意識すべきだと思います。