最近、腸内フローラや、当院でも検査を行っている子宮内フローラ、また婦人科領域では腟内の細菌叢などで「乳酸桿菌(ラクトバチルス)」が注目されています。

腟内はラクトバチルスが弱酸性に保ち、他の一般細菌(雑菌)やカンジダなどの真菌が増えるのを防ぎます。

また、従来無菌と考えられていた子宮内にもわずかながら細菌が存在し、その中でもラクトバチルスの比率が高いほど受精卵が着床し、出産率が上昇します。

ラクトフェリンとは、母乳や牛乳に含まれているタンパク質で、人体への幅広い効能が確認されています。

例えば、細菌やウィルスに対する抗菌作用がありますが、人体にとって有益な乳酸菌やビフィズス菌に対しては抗菌作用がなく、むしろ増やす効果があります。

他にもウィルスに対する効果、免疫や脂質代謝の改善、創傷治癒促進効果も報告されています。

また抗酸化作用、抗がん作用、骨密度を高める、歯周病の改善、抗炎症作用、鉄吸収促進作用と幅広い作用も分かってきています(日本ラクトフェリン学会HPなどより)。

妊娠中の鉄欠乏性貧血に対しては、鉄剤と同程度の効果があり、鉄剤で問題となる胃腸障害がほとんどないとの報告があります。

一方で安全性としては、牛乳から抽出される成分のため、牛乳アレルギーの方は摂取できませんが、その他のリスクはほとんどありません。

当院で採用したサプリメントは1ヶ月分7,290円です。

対象となる方は、

・生殖医療

 子宮内フローラの改善(着床環境の改善)

 抗酸化作用や鉄欠乏性貧血を期待した卵質の改善

・感染症

 腟炎、特にカンジダ外陰腟炎

・その他、鉄欠乏性貧血、便秘、下痢、脂質代謝異常(高脂血症)、骨粗しょう症など