ピル服用の方が、コロナワクチン接種で血栓症のリスクが高まるため接種できない、と言う誤った認識や、それに基づいた指導が問題になっています。

同じように、コロナワクチンの後、12週間避妊しなければならない、と誤った指導をしていることがある、と情報が入りました。

生ワクチンは、接種後2ヶ月間の避妊が必要ですが、コロナワクチンは不活化ワクチンなので、避妊の必要がありません。

現在国内では妊娠成立から8週間後の妊娠12週まで、心配な方はワクチン接種を避ける、と言う表現が、日本産科婦人科学会などの学会から、また厚生労働省からは、偶発的な胎児異常の発生との識別に混乱を招く恐れがあるため、接種を避けていただくと出されています。

この12週、が誤解されて、12週間避妊、の指導に繋がっているのものではないか、と思われます。


どうぞ皆さん、心配せずに妊活や不妊治療を進めてください。

周りの方にも教えて上げてくださいね。

初出:令和3年7月15日、31日