最新のお知らせ
重要なお知らせ
2022年12月3日
クロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~
生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤がよく使われます。その中でも、最も多く処方されているのが、このクロミフェンクエン酸塩ではないでしょうか。商品名はクロミッド®。医師国家試験でも取り上げられ

続きを読むクロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

子宮は老化しませんか?
不妊の原因として、年齢の因子はとても大きいですが、年齢とともに妊娠しづらくなってしまうのは、ほとんどが卵巣・卵子が原因です。一人目の治療で、受精卵を凍結し、二人目が欲しくなった時にその受精卵

続きを読む子宮は老化しませんか?

英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するHPVワクチン。昨年のスウェーデンから報告に続いて、英国からも子宮頸がん減少効果が報告されました(Falcaro M e

続きを読む英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。

インフルエンザワクチンも、婦人科の治療中、妊娠中、妊活中に接種できます。

コロナワクチン の際にもよく取り上げられましたが、インフルエンザワクチンも、婦人科の治療中、妊娠中、妊活中、授乳中問わず、いつでも接種できます。

よくあるご質問に、

・妊娠したのですが

・妊活中で、いつ妊娠してもおかしくない状態です

・授乳しているけど影響は?

・レルミナなど、婦人科の治療を行なっていますが

インフルエンザワクチンを打っても大丈夫でしょうか、があります。

問診票に、現在治療中の病気があるか、その主治医からワクチン接種の許可があるか、と言うものがあるのも影響していると思います。

詳しくは主治医の先生にもぜひご確認くださいね。

当院のインフルエンザワクチンの情報はこちらでアップデートしています

コロナワクチンとの接種間隔についてはこちらをご覧ください

文責 桜井明弘(院長、日本産科婦人科学会専門医)

コメントを残す