最新のお知らせ
重要なお知らせ
クロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~
生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤がよく使われます。その中でも、最も多く処方されているのが、このクロミフェンクエン酸塩ではないでしょうか。商品名はクロミッド®

続きを読むクロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

子宮は老化しませんか?
不妊の原因として、年齢の因子はとても大きいですが、年齢とともに妊娠しづらくなってしまうのは、ほとんどが卵巣・卵子が原因です。一人目の治療で、受精卵を凍結し、二人

続きを読む子宮は老化しませんか?

英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するHPVワクチン。昨年のスウェーデンから報告に続いて、英国からも子宮頸がん減少効果が報告され

続きを読む英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。

12月のコロナ、オミクロン株対応ワクチン接種の予約はいっぱいとなりました。

12月のコロナ、オミクロン株対応ワクチン接種の予約はいっぱいとなりました。

産婦人科クリニック さくらでは、月に1回くらい、当院の通院歴のある横浜市在住の患者さんに限って、新型コロナワクチンの接種をおこなっています。

今後の予定は決まり次第、このページからお知らせします。

以下は予約の際にお読み頂きたい点です。

対象を当院の通院歴のある横浜市在住の患者さんに限って行う理由は、コロナワクチンの個別接種は、事務手続きが煩雑であること、効率よくワクチン接種を行わなければならないためで、どうぞご理解頂けますようお願い申し上げます。


当院のコロナワクチン接種について、

○接種対象は、

・横浜市に住民票があり、産婦人科クリニックさくらの診察券をお持ちの12歳以上の方

・2回の接種を終えており(3〜5回目接種)、前回の接種から3ヶ月以上経過している方。

横浜市から接種券が送られて来た接種券には前回の接種から5ヶ月目の日程が印刷されている場合があります。ご注意ください。
 なお、11歳以下の方は小児科など接種を行っている医療機関をご利用ください。

・特に妊娠している方は妊娠週数に限らずなるべく早く、また不妊治療を受けるなど、妊活中の方、授乳中の方も早めに接種して下さい。接種する時期は、月経、排卵、排卵後を問いません

○接種するのは、

・ファイザー社製のオミクロン株対応BA.4-5 2価ワクチン

です。

○予約は、

・接種を受けるには予約が必要です。

・予約は当院の予約システムをご利用いただきますが、クリニックにある端末はご利用になれません。
  また、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮いただいております。

・接種前日の12時まで予約を受け付けます。

○予約のキャンセルは、

・ご存じのように、ワクチン接種は、無駄を出さないよう求められていますので、自己都合によるキャンセルはできません。

・ただし、体調不良など止むを得ない場合には、なるべく早く連絡をしてください。

○来院前のご注意

・予診票(問診票)をあらかじめご記入ください。

・体温を測ってから来院してください。

・肩の下まで出しやすい服装でお越し下さい。

・10日以内の発熱など、風邪の症状がみられた場合はキャンセルの上、予約日を延期してください。

○持ち物は、

・当院の診察券

・横浜市から送られてきた接種券と予診票(問診票)(いずれも封筒ごとお持ちいただけたら、お忘れになる心配がありません)

・現住所が確認できる健康保険証や運転免許証

○接種当日は、

・予約時間から10分以上遅れる場合にはご連絡ください。

・翌日までは無理をせず、お過ごしください。

・発熱、倦怠感がみられたら、アレルギーのない解熱鎮痛剤を服用することをお勧めします。

○このワクチン接種について、

前後2週間はインフルエンザ以外のワクチンを接種することは出来ません

・多くのご質問があることが予想されるため、電話での個別のお問い合わせにはお答えできません。ご了承ください。

横浜市のホームページはこちらをご覧くださいコロナワクチン予約

初出:令和4年2月18日
補筆修正:令和4年3月2日、8日、9日、11日、15日、16日、17日、19日、22日、23日、24日、31日、4月1日、19日、5月27日
補筆修正:令和4年8月17日、18日、21日、9月8日、9日、10日、14日、11月2日、10日、12日、25日、27日