最新のお知らせ
重要なお知らせ
2022年12月3日
クロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~
生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤がよく使われます。その中でも、最も多く処方されているのが、このクロミフェンクエン酸塩ではないでしょうか。商品名はクロミッド®。医師国家試験でも取り上げられ

続きを読むクロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

子宮は老化しませんか?
不妊の原因として、年齢の因子はとても大きいですが、年齢とともに妊娠しづらくなってしまうのは、ほとんどが卵巣・卵子が原因です。一人目の治療で、受精卵を凍結し、二人目が欲しくなった時にその受精卵

続きを読む子宮は老化しませんか?

英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するHPVワクチン。昨年のスウェーデンから報告に続いて、英国からも子宮頸がん減少効果が報告されました(Falcaro M e

続きを読む英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。

コロナワクチン接種の後で不正出血があったのですが。

昨年、閉経後の女性がコロナワクチン接種後に月経が来た、という海外のニュースを見て、その時はそんなはずはないだろう、と正直あまり深く考えていませんでした。ところが、まだ閉経はしていない、当院の

続きを読むコロナワクチン接種の後で不正出血があったのですが。

コロナワクチンやインフルエンザワクチンは、妊活中、着床期、妊娠初期、どの時期でも接種でき、接種後の避妊も必要ありません。

コロナワクチンは、妊活中の方、月経中、排卵期、着床期、妊娠初期のいずれにかかわらず、安心して接種を受けてください。ピル服用の方が、コロナワクチン接種で血栓症のリスクが高まるため接種できない、

続きを読むコロナワクチンやインフルエンザワクチンは、妊活中、着床期、妊娠初期、どの時期でも接種でき、接種後の避妊も必要ありません。

HPVワクチンについて、ご質問にお答えします。〜YouTube動画も作成し、新しいご質問への回答もアップしました〜

11月の子宮頸がん予防啓発月間、最終日にこの記事を再度、紹介いたします。HPVワクチンは、子宮頸がんなどの、HPVが原因の病気の予防に効果があります。今年度より開始された「積極的勧奨の再開」

続きを読むHPVワクチンについて、ご質問にお答えします。〜YouTube動画も作成し、新しいご質問への回答もアップしました〜

第8波が始まり、風邪で処方される薬が出荷調整されています。〜若い皆さん、パパママになる予定のカップルも、早めにコロナワクチン接種をお願いします〜

若い世代ほど、コロナワクチンを打たない、打ちたくない人の割合が多い、と報道されていますが、11月21日に官邸が発表したデータでは、3回目のコロナワクチン接種は、・20歳代 53.8%・30歳

続きを読む第8波が始まり、風邪で処方される薬が出荷調整されています。〜若い皆さん、パパママになる予定のカップルも、早めにコロナワクチン接種をお願いします〜

HPVワクチン接種を「最短で終えたいのですが」〜接種間隔のご質問〜

子宮頸がんなどの予防を目的とするHPVワクチンは、接種開始から6ヶ月の間に、3回の接種を行ないます。4価、9価ワクチンともに基本的には初回、初回の2ヶ月後、初回の6ヶ月後、と接種しますが、・

続きを読むHPVワクチン接種を「最短で終えたいのですが」〜接種間隔のご質問〜