横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

タグ : 子宮頸がん

2022年11月26日子宮がん検診と子宮頸がん検診はどう違うの? 子宮体がんは?

子宮がん検診はやったことないけど、子宮頸がん検診は毎年行なっています。子宮がん検診と子宮頸がん検診はどう違うんですか?子宮にできるがんは、主に子宮「頸がん」と「体がん」です。このうち、子宮がん検診として毎年受けていただき ...

2022年11月24日横浜市からの、がん検診のお知らせを忘れちゃった(無くしちゃった)。。

横浜市の子宮がん検診は、前年度受けられていない対象となる方に葉書や封筒で案内が送られています。横浜市のがん検診は、申込書にあたる問診票は各医療機関に備えており、送られた葉書や封筒をご持参頂く必要はありません。このハガキを ...

2022年11月22日今年度25歳となる方は、11月中にHPVワクチンのキャッチアップ接種を開始してください。〜キャッチアップ接種のご案内〜

HPVワクチンは、接種開始から6ヶ月要しますが、やむを得ない場合には4ヶ月で終えることができますので、11月に接種を開始すれば、25歳となる方も3月の年度末までに無料で接種を終えることができます。また11月は、子宮頸がん ...

2022年11月21日男児・男性が接種できるHPVワクチンは、4価のワクチンです。

令和2年12月25日、4価のHPVワクチン、ガーダシル®︎の承認事項が変更されました。これまで9歳以上の「女性」であったものが、同じく9歳以上の「者」と変更になり、晴れて男児・男性への適応が拡大されました。院長の息子も、 ...

2022年11月20日当院のパンフレット「子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)のご案内」をリニューアルしました。

今年4月に、HPVワクチンの積極的勧奨が再開され、またキャッチアップ接種が無料で行われていることもあり、子宮頸がんの予防ワクチン(HPVワクチン)を受ける患者さんが大変増えてきています。さて、「子宮頸がん予防ワクチンのご ...

2022年11月19日HPVワクチンの接種、2回目、または3回目を打ち損ねてしまっているのですが。

4月から積極的勧奨が再開され、また同時にキャッチアップ接種が案内されており、質問が増えています。また、患者さんからの又聞きではありますが、間違った指導をしている医療機関もある様なので、おさらいしましょう。今年度23歳から ...

2022年11月18日9価のHPVワクチン「シルガード9」 〜令和5年度からの定期接種化、キャッチアップ接種が決定する予定です〜

9価のHPVワクチンが、令和5年度から定期接種として接種することが可能になる予定です。9価のHPVワクチン「シルガード9Ⓡ」が、令和3年2月24日に発売され、接種可能となりました。海外ではすでに販売されているもので、これ ...

2022年11月18日子宮頸がん検診(細胞診)について

子宮頸がん検診は、婦人科検診の基本となる検査です。腟の一番奥で、子宮の出口である子宮頸部をブラシなどで、こすって得られた細胞を検査します。会社で行われる検診などでは自己採取法も採用されていますが、自己採取のHPV検査は別 ...

2022年11月17日産婦人科クリニックさくらでHPVワクチンを接種した患者さんの推移と傾向 〜令和4年9月までアップデートしました〜

11月の子宮頸がん予防啓発月間「ティール&ホワイトリボンプロジェクト」を機会に、2010年からの12年間に、産婦人科クリニックさくらでHPVワクチンを接種した患者さんの推移と傾向をまとめました。また青葉区の横浜市立学校の ...

2022年11月17日11月は子宮頸がん予防啓発月間です。〜ティール&ホワイトリボンプロジェクト〜 このホームページの子宮頸がん関連記事をまとめています。

11月は子宮頸がん予防啓発月間です。このホームページの子宮頸がん関連記事をまとめています。認定NPO法人キャンサーネットジャパンが提唱している「ティール&ホワイトリボンプロジェクト」に賛同しています。11月と子宮頸がん啓 ...

1 2 3 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.