偽閉経療法(GnRHアンタゴニスト)

子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症は、エストロゲン依存性疾患とされ、エストロゲンが分泌されている年齢に特有の病気です。つまり、月経がある年齢の間に悪化し、閉経後は徐々に病変が小さくなっていきます。

「偽閉経療法」は、卵巣の活動性を停止させ、ひいてはエストロゲン分泌を低下させる方法です。つまり偽りの、一時的な「閉経」状態を作り出しますため、「偽閉経療法」と呼ばれています。

投与法は注射剤と点鼻薬がありますが、下に挙げた理由から、注射剤を第一にお勧めしています。

・注射剤は4週間毎の投与、1回の注射に約5,400(リュープロレリン)〜8,300円(スプレキュアMP®)の自己負担があります。価格が高いので、保険がきかないの?と質問されることもありますが、もちろん保険適応になっています。それでも繰り返される薬価の引き下げとジェネリック医薬品の導入により、患者さんの負担は当初と比べると半分以下になりました。

・点鼻薬は毎日2~3回、決まった時間での使用が必要で、月に約8,000円の自己負担です。

薬のコンプライアンス(受け入れやすさ)と、治療効果から、注射剤のほうが選択され、現在点鼻薬を選択する方はほとんどありません。

平成31年1月、子宮筋腫を保険適応とした新薬、内服のGnRHアゴニスト(レルゴリクス、レルミナ錠®)の製造が承認され、薬価が決まりました。実際の臨床でお使いになれるのは数ヶ月先ですが、最新の情報を記事にしています。

GnRHアゴニストは、GnRHアンタゴニストのリュープロレリンと同等の効果があり、一方で副作用などで服薬を中止すれば、すみやかにホルモン状態が通常に戻るメリットもあります。


偽閉経療法の副作用のうち、最初の頃にみられるのが不正出血です。GnRHアゴニストでは不正出血が少ない傾向です。

閉経の状態になるはずなのに、出血が? とよくご質問を頂きますが、薬物の投与が開始されて、すぐに閉経時の状態になるわけではありません。2、3ヶ月かけて、ゆっくりと閉経の状態になる、と理解して下さい。GnRHアゴニストは速やかに閉経と同じ状態になります。

薬物療法を始めるのは、月経が開始して3~5日目。

GnRHアンタゴニストの当初の出血のパターンはさまざまで、その月経が長引くようなこともあります。
また次の月経が普通に来ることもあります。最も多いのは次の月経が少し早く来る、という状態ですが、月経痛などはほとんどありません。そして2カ月目に入るとほとんど出血はみられなくなります。

メジャーな副作用はここからで、「閉経」の状態になるため、自覚症状として更年期障害症状が見られます。

主な症状は「ほてり」「肩こり」「いらいら」で、他にも「不眠」などありますが、症状の種類や程度は患者さんそれぞれが異なります。

更年期障害用の副作用は強く出る方と軽く出る方と様々です。
うつ症状が出ることもあるため、うつ病、うつ傾向のある方には注意をしています。

偽閉経療法の副作用対策はこちらをご覧下さい

他覚症状として最も重篤とされるのは骨密度の低下、つまり骨粗鬆症(こつそしょうしょう)です。他にも更年期と同様、脂質異常症(=高コレステロール血症、高脂血症)がみられることがあります。
骨密度の低下は、6ヶ月間投与の後、6ヶ月で元に戻る、とされ、これが偽閉経療法の治療期間を6ヶ月間、とし、次の投与まで6ヶ月空けること、とされている根拠です。脂質異常症は投与終了後、エストロゲンの回復とともにすみやかに改善します。

偽閉経療法の一番の特徴はやはりエストロゲンのレベルを極度に低下させることで、偽閉経療法中に内膜症、筋腫、腺筋症が増大することはほとんどないと言って過言ではありません。反対に増大してくる場合は、悪性なのではないか、とさえ疑います。

次はジエノゲストSequential法について説明します。

IUS(子宮内黄体ホルモン放出システム)はこちら

OC/LEPはこちら

をクリックしてください。