新しい子宮筋腫治療薬、GnRHアンタゴニスト「レルミナ錠」が、平成31年3月1日から処方が出来る様になりました。

レルミナ

保険適用された患者さん負担は、月に8,150円くらいです。

新薬のため、令和2年2月ころまで、14日間処方が原則です。


卵巣にチョコレート嚢胞をつくる子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症は手術療法が必要となることがありますが、小さなもの、今現在手術まで必要が無いもの、妊娠を考えるときまでに時間があるものなど、薬物療法が適応となるものが多いです。

これまで下に挙げる治療法を紹介してきましたが、一度まとめてみたいと思います。

ここで紹介する4つの薬物療法は、現在国内で用いられる4大薬物療法と言って差し支えないと思われ、多くの施設で多くの患者さんに用いられています。

現在産婦人科クリニックさくらで行ったり、お勧めしている治療の特徴をあげます。

子宮内膜症、腺筋症、筋腫の治療法31.2.21

治療効果の高い手術療法から、薬物療法も効果が高いと考えられる順にしました。

例えば、月経痛には子宮内黄体ホルモン放出システム(ミレーナ®)の効果は高いものの、卵巣チョコレート嚢胞を小さくさせる治療効果は乏しく、緩やかではあるもののOC/LEPの方が治療効果がある、など、完全にこちらがよい、と言いきれません。

排卵障害の治療もそうですが、いつころ妊娠を考えているのか、今欲しいのか、もう考えていないのか、は治療方針を大きく左右します。もちろん漠然としたお答えでも結構ですので、治療方針を決める際には伺っていきます。

次のページからはこれらの治療の中で、偽閉経療法、ジエノゲスト、IUS(子宮内黄体ホルモン放出システム)、OC/LEP、それぞれの治療法をもう少し詳しく説明していきます。

偽閉経療法は次のページへ

ジエノゲストはこちら

IUS(子宮内黄体ホルモン放出システム)はこちら

OC/LEPはこちら

をクリックしてください。