子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)は、小学校6年生から高校1年生相当まで、市の助成金を受けて接種することができます。

子宮がんの予防と早期発見」の中で詳しく解説していますが、当院では通常、ワクチン1回あたり16,000円、3回分で47,000円がかかりますが、助成金対象の方は、無料でワクチンを受けられます。

HPVワクチンには「サーバリックス®」と「ガーダシル®」がありますが、いずれも接種開始してから6か月後に3回目の接種を行います。

つまり、高校1年生相当の方は、3月までに受け終えなければ全額助成を受けられないことになるので、9月中にワクチン接種を開始することをお勧めします。


子宮頸がんは、誰もが罹る可能性のあるHPV(ヒトパピローマウィルス)が原因です。

HPVに感染して、子宮頸がんになってしまったり、前がん病変である異形成になった方は皆さん、ワクチンを打っておけば良かった、と話します。

子宮頸がんは発見が遅くなると子宮は取らなければならず、妊娠もできなくなってしまいます。

将来の自分のために、HPVワクチンを接種してください。


HPVワクチンについては、子宮頸がんになるのは怖いけど、ワクチンの健康被害についても心配している方がほとんどです。

ワクチン接種について、診察室での相談も受けていますので、遠慮無く受診して下さい。

(初出:令和元年7月25日)
(補筆修正:令和元年9月2日)