HPVワクチンには

2価

・4価

9価

の3種類があり、それぞれ抵抗力をつけるウイルスの数が異なります。

現在、公費接種キャッチアップ接種が受けられるのは、2価と4価で、9価ワクチンは対象外です。

いずれも3回の接種が必要ですが、過去に接種した種類がわからない場合を除いて、基本的には同じワクチンを3回接種する様に決められています。

特に無料で受けられる2価、4価と、90,000円以上の9価では費用負担が大きく異なりますが、接種を開始する前に、どのワクチンを選択するか、よく考えてください。

ワクチンの選択については、診察室でも相談に乗りますので、遠慮なくおっしゃってください。