横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

タグ : 月経困難症

2022年11月24日デュファストンなど黄体ホルモン製剤の供給量不足・出荷調整に伴う対策・治療法の切り替えのご案内

黄体ホルモン製剤「デュファストン」の供給量が不足しており、近隣の薬局をはじめ、全国的に入手困難な状況となっています。その影響もあり、その他の黄体ホルモン製剤「プロベラ/ヒスロン」「ノアルテン」「ルトラール」も、相次いで不 ...

2022年11月15日月経困難症治療の低用量ピル(LEP)「ジェミーナ、レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール配合製剤」

平成30年10月4日に発売、処方できるようになった新しい低用量ピル「ジェミーナⓇ」(レボノルゲストレル・エチニルエストラジオール配合製剤)は、令和元年9月1日より長期処方ができるようになりました。低用量ピルには、自費診療 ...

2022年11月13日OC/LEPとPOP 〜月経痛、PMS、子宮内膜症予防〜 の動画を作成しました。

現在、多くの方が月経痛やPMSの治療目的にOC/LEP(低用量ピル)やPOP(黄体ホルモン単剤ピル)を服用しています。月経痛やPMSが起こる原因や機序、その対策法を説明し、中でもOC/LEPとPOPをフォーカスします。ま ...

2022年11月10日当院で処方している低用量ピルの一覧と特徴 〜ジェネリック薬「ドロエチ」の処方を開始しました〜

現在国内で処方可能な低用量ピルは、16種類になりました。当院では以下の低用量ピルを処方していますが、ピルを必要とする症状や目的に応じて、その特徴を活かした処方を行なっています。 それぞれの特徴はあくまでも一般的 ...

2022年11月9日「ミレーナ」レボノルゲストレル放出子宮内システム(IUS)

最近、若い患者さんでも希望される方が増えてきました。過多月経、月経困難症の治療薬、レボノルゲストレル放出子宮内システム(IUS)の「ミレーナⓇ」月経過多もともとは避妊効果を、より高めた避妊リングとして開発されたものですが ...

2022年11月8日低用量ピルを飲んでいますが、いつまで飲んだら良いですか? 〜OC/LEPのやめどき〜

OC/LEP(低用量ピル)を服用されている患者さんから、「いつまで飲む必要があるか?」「いつ止めたらいいのか」は、よくいただく質問です。答えは、OC/LEPの服用を開始した理由によります。・「避妊」目的→妊娠の可能性があ ...

ピル

2022年11月7日子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症の4つの薬物療法と副作用、治療費など

GnRHアンタゴニスト「レルゴリクス(レルミナ錠®︎)」が、子宮内膜症の適応を取得しました。飲み薬レルミナの薬剤費は、保険適用で月に8,000円くらいです。令和4年の薬価改定でさらに値下がりしました。子宮筋腫や卵巣にチョ ...

2022年11月3日妊娠を考えている女性向けのマルチビタミンミネラルのベーシックサプリ「MVM」

妊娠を考える世代の女性にお勧めしているサプリメント、Baby & Meの「MVM」は抗酸化作用を含む、妊娠を考えている女性、妊娠している方を対象に設計されたベーシックサプリメントです。「MVM」とは、マルチビタミ ...

2022年11月2日低用量ピル「ヤーズ」のジェネリック医薬品「ドロエチ」

低用量ピル、中でも月経困難症の治療を目的に保険処方ができるものをLEP、と呼んでいます。国内で処方できるLEPの中で、「ヤーズ®︎」のジェネリック医薬品「ドロエチ®︎」の処方が6月17日より可能となりました。発売元はあす ...

2022年11月1日コロナ禍で月経困難症、月経前症候群(PMS)が増えています。

当院でも採用している基礎体温サービスのルナルナを運営している(株)エムティーアイの発表(ルナルナ通信Vol.43)によると、コロナ前と比べて、生理痛や、PMS=月経前症候群に悩まされる女性が増えている、とのことです。コロ ...

1 2 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.