横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

タグ : 子宮体がん

2022年11月26日子宮がん検診と子宮頸がん検診はどう違うの? 子宮体がんは?

子宮がん検診はやったことないけど、子宮頸がん検診は毎年行なっています。子宮がん検診と子宮頸がん検診はどう違うんですか?子宮にできるがんは、主に子宮「頸がん」と「体がん」です。このうち、子宮がん検診として毎年受けていただき ...

2022年11月26日「妊娠糖尿病」と言われた方は、出産後も糖尿病に気をつけて年に1度は検査を受けて下さい。

10月30日に行われた市民講座のお知らせで、「妊娠高血圧症候群にかかった方たちのその後の健康管理」について書きました。同じように妊娠中に「妊娠糖尿病」と診断された方、決して少なくないのですが、この方たちは、出産後、糖尿病 ...

2022年11月25日出血が減って来た? 月経の様子が変わってきたのは「歳のせい」?

多くの女性が、年齢とともに月経の周期が短くなってきた、早まってきた、と感じてきます。また、月経の量が少なくなってきた、反対に多くなってきた、と実感していることも。月経周期の変化や月経量が少なくなるのは、早い方では30代後 ...

2022年11月24日横浜市からの、がん検診のお知らせを忘れちゃった(無くしちゃった)。。

横浜市の子宮がん検診は、前年度受けられていない対象となる方に葉書や封筒で案内が送られています。横浜市のがん検診は、申込書にあたる問診票は各医療機関に備えており、送られた葉書や封筒をご持参頂く必要はありません。このハガキを ...

2022年11月14日更年期障害治療のご案内 〜治療中は乳がん検査などの検査を受けて下さい〜

 更年期障害とは? そして何が問題か? 現代の日本人女性の閉経年齢は、平均的には50〜52歳、とされています。更年期、とは、閉経の前後5年、計10年を指します。この更年期の間に、卵巣機能の低下により、女性ホルモ ...

2022年11月13日子宮がん検診は、出血している日や腟炎の時以外なら、いつでも受けられます。

別の要件で受診したのですが、子宮がん検診は受けられますか?子宮がん検診には、子宮頸がんと体がんの検診が含まれますが、子宮頸がん検診は、性交経験のある全ての女性に必要な検診です。子宮頸がん検診は、胃がんや大腸がん、人間ドッ ...

2022年11月12日コロナワクチン接種の後で不正出血があったのですが。

昨年、閉経後の女性がコロナワクチン接種後に月経が来た、という海外のニュースを見て、その時はそんなはずはないだろう、と正直あまり深く考えていませんでした。ところが、まだ閉経はしていない、当院のスタッフや当院に通院している患 ...

2022年11月8日婦人科で検査した後に、不正出血があるのですが。。

よくあるお問い合わせの一つではありますが、ネット上には、超音波検査を受けると傷つくことがよくあり、不正出血がある、と流れているそうです。婦人科の超音波検査では、腹部から診るものと、腟から診るものがありますが、腹部からのも ...

2022年11月7日子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症の4つの薬物療法と副作用、治療費など

GnRHアンタゴニスト「レルゴリクス(レルミナ錠®︎)」が、子宮内膜症の適応を取得しました。飲み薬レルミナの薬剤費は、保険適用で月に8,000円くらいです。令和4年の薬価改定でさらに値下がりしました。子宮筋腫や卵巣にチョ ...

2022年11月2日ホルモン補充療法(更年期障害)に用いる天然型黄体ホルモン製剤「エフメノ」カプセルが、12月1日より長期処方が可能となります。

ホルモン補充療法(更年期障害)に用いる天然型黄体ホルモン製剤「エフメノ®」カプセルのご案内です。エフメノカプセルの特徴は、・唯一のホルモン補充療法(HRT)で唯一、保険適応のある黄体ホルモン製剤です。・卵巣から本来分泌さ ...

1 2 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.