PPOS、Progestin-primed Ovarian Stimulation、日本語に統一された訳語はまだありませんが、「黄体ホルモン併用卵巣刺激法」と言う意味です。

現在当院の体外受精などの高度生殖医療で多くの方が行なっている卵巣刺激法は、

・Long法(ロング法):排卵抑制の目的に、GnRHアナログ(ブセレリン®︎)を併用しています。

また、一部の多嚢胞性卵巣の方で行なっているのが、

・アンタゴニスト法:排卵抑制の目的に、GnRHアンタゴニスト(レルミナ®︎やガニレスト®︎)を併用しています。

これに対して、PPOSでは、プロゲスチン=黄体ホルモンを併用して排卵を抑制する方法です。

使用するプロゲスチンには、複数の報告がありますが、当院ではメドロキシプロゲステロン酢酸エステル(MPA)を用います。

対象となるのは、

・Long法などの他の卵巣刺激方法で移植可能胚が得られない、妊娠・出産に至らない方。

です。


方法を以下に示します。


①月経が開始したら、

月経の3日目を目安に受診、超音波検査、採血を行なった後に、この日からHMG150~300単位の注射とMPAの内服を開始します。

HMGは通院しながら連日注射しますが、自己注射ができるFSH(ゴナールエフペン®︎)の使用も可能です。

MPAは朝夕食後に1錠ずつ服用していただきます。

②卵胞計測は、

3〜5日ほど注射をしたところで卵胞の発育を超音波で検査します。

卵胞が16㎜くらいの大きさに育つまで注射・内服と診察を繰り返し、16mmくらいを目安にホルモン採血を行い、卵胞が十分成熟しているか、確認します。

③採卵の決定は、

主にエストロゲンの値を参考に、採卵を決定します。

採卵前のトリガーには、

ブセレリン点鼻薬の場合、採卵日の2日前の20、21時、また前日の朝8、9時に両方の鼻に1回ずつ点鼻。

hCG注射の場合、採卵2日前17時以降に注射、これもオビドレル®という自己注射が出来る製剤があります。

このトリガー以降は、MPAを服用する必要はありません。

以後、採卵、受精卵凍結、胚移植は従来の卵巣刺激法と違いはありません。

これらに使用する薬剤、検査、治療法も4月から開始する保険適用を受けます。保険適用については、こちらもご覧ください

文責 桜井明弘(院長、日本産科婦人科学会専門医)

初出:令和3年2月8日
補筆修正:令和3年3月16日、10月3日、12月13日
補筆修正:令和4年1月17日、3月24日