当院で行っている体外受精など高度生殖医療では、卵巣刺激法(排卵誘発法)として、多くの方にLong法をお勧めしています。

Long法が最も妊娠・出産率が高いためで、FSHやHMGという注射製剤を使用するため、注射通院のスケジュールが可能な方、または自己注射ができる方に選択して頂いています。

さて、Long法では、採卵前のプレトリートメント周期(ピルなどを投与します)から、GnRHアゴニスト製剤であるナファレリールという点鼻薬をお使い頂きますが、これはFSHやHMG製剤による卵巣刺激で採卵前に排卵してしまわないようにするためです。

採卵前の周期から長い間用いるため、Long法と呼ばれていることなど、高度生殖医療説明会でもお話しています。

よく頂くご質問に、「点鼻薬はいつまで使うの?」があります。

FSHやHMGで育てた卵胞が十分大きくなると、血液検査を行い、卵胞が成熟していることを確認し、採卵が決定しますが、それまで排卵しないように点鼻薬を使ってきました。採卵前には排卵のコントロール(トリガー)として、HCG製剤(自己投与可能な「オビドレル」を含む)を使用します。このHCG製剤は点鼻薬をきちんと使っていても排卵させることができます。

つまり、点鼻薬を使うのは、HCG製剤を注射するまで、HCG製剤の注射の後は使わなくてよい、ということになります。

もちろん、誤ってHCG製剤の注射の後で点鼻してしまっても、悪い影響はありません。

残った点鼻薬は、次の周期以降に行う自然周期融解胚移植でも使うことができるため、捨てずにお手元に残しておいて下さい。

また、1本の点鼻薬には、14日分の薬剤が入っています。使用日数をカウント、確認し、特に卵胞の発育がみられる頃からは、薬が切れてしまわないか、ご自身でも十分ご注意下さい。

これから花粉シーズンを迎えますが、点鼻薬はしっかり鼻をかんでからお使い下さいね。