横浜市青葉区東急田園都市線たまプラーザ駅 / 不妊治療やウィメンズヘルスケアのエキスパート
院長ブログ

タグ : 妊娠

2022年11月26日「妊娠糖尿病」と言われた方は、出産後も糖尿病に気をつけて年に1度は検査を受けて下さい。

10月30日に行われた市民講座のお知らせで、「妊娠高血圧症候群にかかった方たちのその後の健康管理」について書きました。同じように妊娠中に「妊娠糖尿病」と診断された方、決して少なくないのですが、この方たちは、出産後、糖尿病 ...

2022年11月26日妊娠検査薬は、いつやったらいいの? 1週間経たないとやってはいけない??

赤ちゃんを考えている方や、妊娠を心配している方にとって、妊娠判定に用いる妊娠検査薬はいつやったらいいのでしょうか。また、いつからできるのでしょうか。妊娠検査薬のしくみそもそも妊娠検査薬は、どのようなしくみで妊娠が判定がで ...

2022年11月25日風疹などの抗体検査を受けていますか? 〜妊娠前に調べておきたい4つのウィルス抗体、ワクチン接種〜

新型コロナウイルスの流行で、すっかり忘れられたようになっていますが、平成30年からの風疹の大流行で、大変残念なことに、5例目の先天性風疹症候群が、福島県いわき市で報告されました。平成30年の風しん患者さんは2,917人、 ...

2022年11月22日コロナワクチンやインフルエンザワクチンは、妊活中、着床期でもどの時期でも接種できます。接種後の避妊も必要ありません。

コロナワクチンは、妊活中の方、月経中、排卵期、着床期、妊娠初期のいずれにかかわらず、安心して接種を受けてください。ピル服用の方が、コロナワクチン接種で血栓症のリスクが高まるため接種できない、と言う誤った認識や、それに基づ ...

2022年11月21日「卵巣を手術で片方取りました。妊娠しづらいでしょうか」

卵巣がんや、卵巣がんが疑われたり、悪性度は低い「中間悪性群」であったりして、若くして片側の卵巣摘出(卵巣切除)をしなければならないことがあります。卵巣ひとつしかない病気が進行して両方の卵巣を摘出された場合は、卵子提供を受 ...

2022年11月18日新型出生前診断(NIPT)とは?

厚生労働省は、全ての妊婦さんに出生前診断を周知する方針を固めた、との報道がありました。出生前診断とは、お腹の赤ちゃんの病気などを、産まれる前、つまり胎内で診断する方法です。新型出生前診断(NIPT)が登場するまでは、母体 ...

2022年11月17日11月は子宮頸がん予防啓発月間です。〜ティール&ホワイトリボンプロジェクト〜 このホームページの子宮頸がん関連記事をまとめています。

11月は子宮頸がん予防啓発月間です。このホームページの子宮頸がん関連記事をまとめています。認定NPO法人キャンサーネットジャパンが提唱している「ティール&ホワイトリボンプロジェクト」に賛同しています。11月と子宮頸がん啓 ...

2022年11月16日子宮頸がんの妊婦さんから産まれたお子さんの肺がんが見つかった報告

妊婦さんや、子宮頸がんの患者さんにとってはショッキングなニュースでした。国立がん研究センターの発表によると、・2人の小児肺がん患者さん(子供の肺がんは、かなり珍しいです)の原因が母親の子宮頸がんだった。と言うもので、羊水 ...

2022年11月15日妊婦健診での子宮頸がん発見

妊婦さんの子宮頸癌の報告です。公益財団法人日本対がん協会が、2017年の妊婦さんの子宮頸がんについて、全国の自治体をを対象にアンケートを行ったもので、全国1,741の自治体のうち、38%の664の自治体から得られた回答を ...

2022年11月14日子宮内膜の厚さ 〜着床障害の原因〜

不妊治療(生殖医療)において、受精した卵(胚)が「着床」する子宮内膜は、とても重視されています。着床する際、子宮内膜は胚(受精卵)にとって、簡単に言えば、ベッドに例えられます。良質なベッドであれば着床しやすく、子宮内膜の ...

1 2 3 4 »

オンライン診療のご案内

かんたん便利!さくらのWeb予約

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 産婦人科クリニックさくら All Rights Reserved.