当院で推奨している妊娠前の4つのウィルス抗体検査ですが、

風疹(三日ばしか)はHI法、

麻疹(はしか)、ムンプス(おたふくかぜ)、水痘帯状疱疹ウィルス(VZV)はEIA法

で行って来ました。

風疹だけHI法で行っていたのは、検査費用が安価なため、自費検査として皆さまのご負担を軽減する目的で、

横浜市の助成を受けて風疹抗体検査を行う場合も、HI法で行われます。


一方で、EIA法の方がより正確なため、横浜市助成以外ではEIA法で行っており、
平成31年度(令和元年度)から行われている「風しん第5期定期接種」も、EIA法で行います。

学校や勤務先(医療機関など)から、抗体検査を行うよう、と指導されている場合、検査方法がHIやEIAなど、指定されている場合があります。もし分からない場合は説明されている用紙などご持参頂ければ、こちらで確認して検査を進めます。

なお、自費検査としてEIA法で行う場合、4,400円(税別)となります。

(初出:平成30年3月18日)
(補筆修正:平成31年4月19日)
(補筆修正:令和2年1月27日、7月10日)