絶対に止めて下さい。

先日も違法サイトを発見したので、厚生労働省に通報しました。

以前、当院でピルを処方した患者さん、ピルを開始した後、頭痛やだるさ、そして視野が一部見えにくくなっている、と言う症状がありました。

すぐに休薬してもらい、血液検査をしたところ、ピルの最大の副作用である、血栓症の疑いがありました。

休薬により症状はすぐに改善、明らかな血栓は認めず、事なきを得ましたが副作用であったかも知れません。

ピルに含まれるエストロゲンがリスクであると判断し、月経不順のため、黄体ホルモンによる消退出血を1ヶ月に1回起こす治療(ホルムストローム療法)に切り替えました。

しばらくぶりに来院され、やはり月経が不順で、再度ピルを飲みたい、と。

その際に友人から紹介された個人輸入されたサイトで購入したい、医療機関で処方されるよりも安いので、とのことでした。

ピルの副作用があったことを再度説明したところ、別のピルならいいんじゃないですか?と。

ピルに含まれるエストロゲンはどの低用量ピルも共通で、同じ副作用が出ることが十分予測され、また一度血栓ができると大変な治療を、場合によっては生涯続けなければならないことを説明しました。

この患者さん、当院に相談にいらしたから止めることが出来ましたが、医療機関に訪れず、友人も服用しているから、と安易に海外輸入サイトなどで購入する方も増えています。

医療機関では問診を行い、また再受診時の副作用チェックも行っている一方で、サイトで購入する(こと自体が違法ですが)場合はこのようなチェックは全くされることがありません。サイトを見ても、通り一遍の注意書き程度で、血栓などの副作用は稀、何かあれば医療機関を受診するよう、と、全く責任回避も甚だしいです。

ピルは医薬品であり、医師の処方が必ず必要なため、サイトでの販売は違法です。

また最近では医薬品のニセモノも出回っており、さらに、お酒や食品の購入でも問題となっていますが、その保管方法です。特に医薬品はきちんとした保管が求められており、サイトで販売されているものの信頼性は大変低いです。

ピルは医薬品であることを再認識し、必ず医療機関で処方してもらって下さい。

初出:平成29年4月20日
補筆修正:令和2年3月19日、4月29日、7月10日