最新のお知らせ
重要なお知らせ
2022年12月3日
クロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~
生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤がよく使われます。その中でも、最も多く処方されているのが、このクロミフェンクエン酸塩ではないでしょうか。商品名はクロミッド®。医師国家試験でも取り上げられ

続きを読むクロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

子宮は老化しませんか?
不妊の原因として、年齢の因子はとても大きいですが、年齢とともに妊娠しづらくなってしまうのは、ほとんどが卵巣・卵子が原因です。一人目の治療で、受精卵を凍結し、二人目が欲しくなった時にその受精卵

続きを読む子宮は老化しませんか?

英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するHPVワクチン。昨年のスウェーデンから報告に続いて、英国からも子宮頸がん減少効果が報告されました(Falcaro M e

続きを読む英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。

クロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤がよく使われます。その中でも、最も多く処方されているのが、このクロミフェンクエン酸塩ではないでしょうか。商品名はクロミッド®。医師国家試験でも取り上げられ

続きを読むクロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

多囊胞性卵巣症候群とは? その診断法、挙児希望の治療法

多のう胞性卵巣とは?生理不順には、さまざまな原因がありますが、最も多い原因の一つが、「多のう胞性卵巣(多囊胞性卵巣症候群、PCO、PCOS)」です。月経が来なかったり (無月経)、月経が不順

続きを読む多囊胞性卵巣症候群とは? その診断法、挙児希望の治療法

排卵誘発剤を使うと閉経が早くなりますか?

生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤を使うことがあります。タイミング法などの一般生殖医療では、排卵が出来ない場合や排卵が不規則(=月経不順)、また自然に排卵できていてもエストロゲン(E2)が

続きを読む排卵誘発剤を使うと閉経が早くなりますか?

中枢性卵巣機能不全とは ~視床下部性、下垂体性〜

視床下部、下垂体が原因で起こる卵巣機能不全は、「中枢性卵巣機能不全」とも呼ばれます。視床下部、下垂体、ともに脳の一部にあり、卵巣機能を司る、まさに「中枢」といえます。この病態を理解するために

続きを読む中枢性卵巣機能不全とは ~視床下部性、下垂体性〜

自己投与が可能な排卵誘発剤「ゴナールエフ皮下注ペン」の動画を紹介します。

主に生殖補助医療のLong法、PPOS法やアンタゴニスト法、また一般生殖医療で難治性の排卵障害で使われている、自己投与が可能な遺伝子組換えヒト卵胞刺激ホルモン製剤(リコンビナントFSH製剤)

続きを読む自己投与が可能な排卵誘発剤「ゴナールエフ皮下注ペン」の動画を紹介します。