体外受精などの生殖補助医療では、胚移植の前から黄体ホルモンを腟錠で用います。

内服や注射剤と異なる使用法のため、マイナートラブルがみられることもあります。

カスが出て困る、かゆい

腟錠に限らず、内服薬や外用剤も、その中の薬効成分(この場合黄体ホルモン)はほんのわずかで、薬剤のほとんどが、基材とよばれる成分です。

基材は薬効成分を効率よく治療部位に届けるため、なくてはなりません。

黄体ホルモン腟錠の中でも、「ワンクリノン腟用ゲル®︎」は、ゼリー状の基材を使用しており、腟内に効率よく広がり、黄体ホルモンを吸収しやすくしていますが、一方でこのゼリーがカスのように腟内にたまり、不快感であったり、痒みを感じることもあります。

このような症状があっても、身体や治療成績への悪影響はありませんが、不快であれば来院時に腟内を洗浄することができます。遠慮なく相談してください。

また、現在ワンクリノンの出荷制限により、「ウトロゲスタン腟用カプセル®︎」を処方していますが、ウトロゲスタンはワンクリノンとは異なり、少し油っぽいお薬で、またカプセルが溶けづらく、中身が吸収されたカプセルが腟から出てくることがありますが、心配しないでください。

お薬が出てしまった時は?

入れたはずのゲルが出てしまった。薬を追加すべき?

明確な規定はないのですが、ワンクリノンのインタビューフォームによると、血液中のワンクリノンに含まれるプロゲステロンの濃度は、初めて使った日には12時間後、連日使っている場合は6時間後に、遅くともピークに達します。

よって、これ以降に出てしまったのであれば、プロゲステロンは十分吸収されていると考えて良いと思いますが、反対にこれ以前であれば、念の為、もう1本使っておいた方が良いでしょう。

一方でウトロゲスタンの場合は、1カプセル追加して使いますが、次の使用時間が近い場合には追加しなくても良い、とされています。

文責 桜井明弘(院長、日本産科婦人科学会専門医)

初出:令和元年12月18日
補筆修正:令和2年3月10日、12月17日
補筆修正:令和4年8月26日、ワンクリノンの出荷制限に伴い追記しました。