ラクトバチルス(Lactbacillus、乳酸桿菌)の役割がますます注目されています。

ラクトバチラス、ラクトバシラス、ラクトバシルスとも読まれることがあります。

婦人科の領域では、子宮内と腟内のラクトバチルスが重要です。またビフィズス菌とともに腸内の善玉の菌として知られています。

腸内細菌としては、便通や免疫、鉄吸収などに関与します。

下痢や便秘を解消し、免疫力の増強はウィルスや細菌に対する抵抗力や、発がんを抑制する効果まで期待されます。

腸内細菌が整うと、鉄吸収が良くなり、妊婦さんの鉄欠乏性貧血を予防することも知られています。


さて、腟内がラクトバチルスで守られていることはよく知られています。ラクトバチルスは、腟内を弱酸性に保つことで、他の雑菌や真菌が侵入して増殖するのを防いでくれます。この真菌の代表がカンジダで、抗生物質を服用してカンジダ腟炎になりやすいのも、ラクトバチルスが抗生物質で減ってしまい、カンジダが侵入して増殖するため、と言うのはとても有名です。

最近では子宮内フローラ検査が可能となっていますが、子宮の中もラクトバチルスが他の雑菌の増殖を防いでくれています。ラクトバチルスが減り、他の菌が増えて慢性子宮内膜炎を引き起こし、着床障害や流産の原因となります。

着床部位である子宮内膜のラクトバチルスが重要であることは理解しやすいですが、腟内のラクトバチルスが減少しても妊娠率が低下します。


このたび、乳酸菌サプリメント「プロバイオティクス®」を採用しました。

これまでも子宮内フローラがなかなか良くならない患者さんに乳酸菌サプリメントを使って頂きましたが、効果が高く、また妊娠・出産につながった方も少なくありません。

「プロバイオティクス®」は1袋・30カプセル入りで2,700円(税込)です。

使用法は、1日1カプセル、朝食後に内服します。


生殖医療(不妊治療)では、主に、子宮内フローラの改善目的に使用されます。

当然のことですが、便通が改善したとの声も多数いただいております。


海外・国内で、さまざまな治療に用いられており、今後とても注目されていくサプリメントです。

診察室で相談して参りましょう。

文責 桜井明弘(院長、日本産科婦人科学会専門医)

初出:令和4年1月25日、5月2日