着床障害とは、

・良好胚を移植しても妊娠しない

・化学流産になってしまう

ことなどを指します。これまでの原因不明不妊の中にも、着床障害があるかも知れません。

着床障害の原因を検査する方法として、「子宮内フローラ検査」と「ERA(子宮内膜着床能)検査」を行なっています。

残念ながら着床しなかった、化学流産となってしまったけど、どちらの検査をうけたらいいか、ご質問を頂くのでまとめました。


ERA検査と子宮内膜フローラの違い

 

子宮内フローラ検査は慢性子宮内膜炎の原因となる子宮内の細菌叢の検査、ERA検査は子宮内膜の着床に適した期間をみる検査で、ERA検査の際にフローラ検査を同時に行うことも出来ます。

どちらも上に挙げたように、子宮内の組織を採取する検査で、ERA検査では着床期を設定した上で検査します。子宮内フローラ検査は出血時を避ければいつでも検査が可能です。

一般生殖医療で原因不明不妊、化学流産を繰り返す場合など、ERA検査で着床期のずれがある場合、高度生殖医療での融解胚移植の方が出産率向上に繋がるかも知れません。

子宮内フローラ検査は、腟内の細菌検査でラクトバチルスがいない状態でも検査の適応となります。

現在、コロナウィルスの流行で、不妊治療の延期が推奨されています。単に延期するだけでなく、このような検査をしておいて、妊娠への備え、としておくのも良いと思います。

(初出:平成30年12月4日)
(補筆修正:平成30年12月20日)
(補筆修正:平成31年4月11日)
(補筆修正:令和元年10月5日)
(補筆修正:令和2年1月31日、5月4日)