中1のお嬢さんが、まだ生理が来ていないのですが、と当院に通院中のお母さまから質問を頂きました。

女子中学生

女性は何歳から月経が始まり、何歳になっても始まらない場合、心配すべきでしょう。

原発性無月経、という定義があります。日本では満18歳になっても月経がない場合、原発性無月経とよばれます。

また、満15歳から18歳までに初経があった場合、遅発初経とされます。

女子が月経を開始するのは、11歳から13歳が最も多く(日本産科婦人科学会誌、1997)、第二次性徴は乳房発育から始まります。この乳房発育が13歳になっても始まらない場合、または乳房発育が始まってから5年経っても月経がない場合、婦人科受診が勧められています(Fertil Steril、2008)。


さて、産婦人科の診療がカバーする範囲は、何歳から何歳まででしょうか。

厳密な決まりはありませんが、産婦人科クリニックさくらでは、若い患者さんは実に3歳くらいから、90歳代のおばあちゃままで、女性の人生の大部分で診療に当たっているのです。

実際に生理が来ない、無月経の相談は何科で行われているのが最も多いのか、厳密なデータは分かりませんが、もしかしたら小児科での相談も少なくないと思われます。

産婦人科では内診がある!と思われるかも知れませんが、婦人科診察である内診は、必要な時に限って行われます。

無月経の場合、その他の症状や第2次性徴の様子を問診して、例えば採血によるホルモン検査をしたり、実際にホルモン剤を使ったりします。お腹の痛みを感じる場合には婦人科診察を行った方がいいかも知れません。

婦人科診察では、お腹から超音波をあてたりすることもありますが、子宮や卵巣の異常が無いか診るためには性交経験のある方なら腟から診る経腟超音波検査を行い、性交経験がない方は同じ超音波をお尻から診る方法をとる方が、より詳細な診察をすることができます。

思春期や若いお嬢さんの無月経には、卵巣がまだ働いていないこと、子宮や腟に生まれつきの異常があること、の二つの原因に分かれます。

卵巣が働かないのはホルモンの状態を、生まれつきの異常はやはり診察が必要です。

どちらもご本人と親権者に説明をした上で行いますので、まずはいきなり内診!?とおそれずに、気軽に相談にいらして下さい。

中学3年生まで

中学3年生まで

横浜市でも平成31年4月から小児医療費助成が中学3年生まで拡大しました。

大切なお嬢さんの将来のため、不安なこと、心配なことは何でも相談にお越し下さい。

(初出:平成31年2月6日)
(補筆修正:令和元年8月7日)