排卵させるトリガーのホルモン、LHとHCG

LHは脳にある下垂体から分泌され、卵巣に発育した成熟卵胞を排卵させます。
またhCGは、妊娠によってできる絨毛と呼ばれる組織から分泌され、妊娠を維持する役割があります。妊娠反応とは、このhCGの分泌の有無をみて妊娠の判断をするものです。

これらLHとhCGは分子的に構造が似ているため、少し前の時代では、検査してもどちらのホルモンが高いのか判断できませんでした。
現在LHの製剤が開発中ですが、まだ臨床的に用いることができないため、この似ている構造を利用して、hCGを薬剤として、LHの代わりに、つまり排卵させるため(排卵を起こすトリガー)に用いられています。

adf7162a7fdb451af3e9c8e493936039_s小

両者に共通の構造はα鎖と呼ばれ、異なる構造はβ鎖と呼ばれる部分です。
今は昔、妊娠反応を見るのに、これらを区別できず、できるようになってからしばらくは、妊娠性ホルモン、hCGを、わざわざβ-hCGと呼んでいました。

このように、少しややこしいですが、似ているホルモンを区別する技術、似ている部分を利用した治療法、と、医療って、様々な先人の工夫とアイディアが蓄積された領域です。医はart(芸術)とされる所以がここにも感じられます。

さて、このHCG、どのような方に治療として使われるのでしょうか。

またその製造方法と、新しいHCG製剤とは?
HCGを使うと双子が増えるの?

次のページから解説していきます。

LHサージ不全

LHサージ遅延

LUF(黄体化未破裂卵胞)

HCG製剤の原材料

リコンビナントHCG製剤「オビドレル」を採用しました