最新のお知らせ
重要なお知らせ
2022年12月3日
クロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~
生殖医療(不妊治療)では、排卵誘発剤がよく使われます。その中でも、最も多く処方されているのが、このクロミフェンクエン酸塩ではないでしょうか。商品名はクロミッド®。医師国家試験でも取り上げられ

続きを読むクロミッド(クロミフェンクエン酸塩) ~排卵誘発剤の効果と副作用~

子宮は老化しませんか?
不妊の原因として、年齢の因子はとても大きいですが、年齢とともに妊娠しづらくなってしまうのは、ほとんどが卵巣・卵子が原因です。一人目の治療で、受精卵を凍結し、二人目が欲しくなった時にその受精卵

続きを読む子宮は老化しませんか?

英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。
子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するHPVワクチン。昨年のスウェーデンから報告に続いて、英国からも子宮頸がん減少効果が報告されました(Falcaro M e

続きを読む英国からもHPVワクチンによる子宮頸がん減少効果が報告されています。

横浜市肝炎検査再開のお知らせ

横浜市では、B型、C型肝炎の早期発見を目指し、市民を対象にB型、C型肝炎ウイルス検査を無料で実施しています。

対象となるのは、

・検査を希望する市内在住者

で、横浜市民なら、どなたでも受けることができます。

特にB型肝炎スクリーニング検査が精度を高めるためにコストが上昇しますので、この制度を再度利用していきます。

例えば、以下のようなケースでの利用が考えられます。

*肝炎検査(B型、C型肝炎) 4,400円のところ0円
*感染症検査(横浜市肝炎検査施行) 6,270円のところ1,430円
*女性自費手術・採卵前検査(横浜市肝炎検査施行) 11,000円のところ6,160円
性感染症全項目(横浜市肝炎検査施行) 13,200円のところ8,360円

ご利用の際は、

・院内に備えてある問診票の記入

・血液検査

・1週間後に結果説明

だけなので、外来でお申し出頂けたらご利用になれます。

他の血液検査を行う時に一緒に検査することも可能です。詳しくは診察室やスタッフにお気軽に尋ねて下さい。