当院で採用しているサプリメント「ヘム鉄」がリニューアルされました。

月経がある女性の実に過半数が、鉄欠乏の状態とさえ言われています。

血液が赤く見えるのは、赤血球という細胞。

赤血球が身体に必要な酸素、不要な二酸化炭素を運搬する役割を担っています。

赤血球は鉄、を原料として作られます。

鉄欠乏性貧血が起こるのは、

貯蔵鉄の減少(フェリチンで測定できます)

鉄欠乏の状態(血清鉄やUIBCで測定できます)

赤血球の減少(ヘモグロビンの低下)

という順に進行します。

かつては貧血と言われると、鉄を摂るために、ほうれん草食べなきゃ、と思っている方が多かったです。

野菜に含まれる鉄分は「非ヘム鉄」。

一方お肉やお魚に含まれる鉄はヘム鉄と呼ばれ、たんぱく質と結合した鉄で、吸収に優れています。

また内服薬の鉄剤は胃腸障害の原因となることがありますが、ヘム鉄は胃腸を壊すことはほとんどありません。


今回、当院採用の「ヘム鉄」が、より鉄吸収を促進するためクエン酸を配合し、さらに価格が下げられました。

新しい「ヘム鉄」は、

・1日2カプセル

・30日分で2,590円(税込)

となりました。

鉄欠乏性貧血の方、妊娠を考えている方、また通常の鉄剤で胃腸障害を起こす方にお勧めです。

初出:令和2年9月16日
補筆修正:令和3年3月31日
補筆修正:令和4年7月16日、鉄欠乏性貧血が起こる機序を追記しました。