当院では開院当初より、妊娠を考えている方たちに風疹の抗体検査またはワクチン接種をお勧めしてきました。

風疹HI.jpg


クリックすると拡大します。

このグラフは、当院で妊娠をこれから考えている、または妊娠初期に検査をお受けになった、昭和43年から平成元年生まれの女性、415名の方たちの風疹抗体(HI)の値を示したものです。

一般的に風疹は、抗体があっても感染する可能性があり、その値はHI測定法で16倍以下、とされています。

このグラフを見ると、16倍以下とは、妊娠を考えている世代女性の、実に22%の方、5人に1人以上が風疹に罹る可能性があることを意味しています。

スライド14.jpg

また、この風疹に罹る可能性は、風疹ワクチンを接種していた世代、していなかった世代を通してほぼ一定的で、接種していた年代の方たちは、時間とともに抗体が低下、消失しているものと推察されます。


・2012年からの風疹の流行では、20代後半から40歳代の、風疹ワクチンを受けていない男性から妊婦さんに感染していることがとても多く、今年の流行でも、同様の傾向が懸念されています。

・30〜40歳代の男性は、奥様への感染を予防するだけでなく、社会の妊婦さんたちに感染を拡大させないよう、積極的に抗体検査とワクチン接種を受けて下さい。

・現在、風疹の流行に伴い、風疹と麻疹の混合ワクチンである、MRワクチンが各自治体で助成を受けて接種することが出来、風疹のみならず、妊娠中に流産、早産や死産の原因となる麻疹感染を予防できます。

今年に入ってから、妊婦さんが罹ると流産、赤ちゃんの病気の原因となるウィルスがはやっています。

水痘とは、VZV(水痘帯状疱疹ウィルス)によって引き起こされる「水ぼうそう」のことです。
一般的には小児期に感染し、成人した後も免疫力が低下した際に主に胸の辺りに、とても痛い発疹(帯状疱疹)を起こします。

つまり、「水ぼうそう」も「帯状疱疹」も、同じVZVというウィルスによって引き起こされ、水痘帯状疱疹ワクチンを接種して予防します。

妊娠中に水痘に罹ると、
妊娠20週までに先天性水痘症候群(2%、皮膚瘢痕、四肢低形成、小頭症、眼球異常)を起こすことが知られています。

12月10日の週に東京都で水痘患者報告数が注意報基準を超え、埼玉、神奈川の3都県の一部地域で警報基準を上回っていると報じられました。また鳥取県でも注意報が発令されたようです。

近年ワクチンの効果や生活水準の向上に伴い、小児期に感染せず成人しても抗体=抵抗力のない方がいらっしゃるため、この方達が妊娠中に感染することが問題となっています。とは言っても、小児期に感染しておいた方が良い、と言う意味ではありません。

帯状疱疹は加齢もリスク因子とされるため、50歳以上の方へのワクチン接種も推奨されています。

 

麻疹は風疹(三日ばしか)や水痘(水ぼうそう)とともに、子供が罹る病気、一度罹れば二度とかからない(終生免疫)という印象が強いですが、本当でしょうか。

妊娠中に感染してはいけない感染症は沢山ありますが、中でもこの、

・風疹

・麻疹

・ムンプス

・水痘

は、ワクチンで感染を予防することが出来ます。

産婦人科クリニックさくらでは、これから妊娠を考えるカップルに、抗体検査を行うことと、必要に応じたワクチンの接種を積極的にお勧めしています。

次のページでは、ムンプス(おたふく風邪)についてまとめました。