よくあるお問い合わせの一つではありますが、ネット上には、超音波検査を受けると傷つくことがよくあり、不正出血がある、と流れているそうです。

婦人科の超音波検査では、腹部から診るものと、腟から診るものがありますが、腹部からのものは、大きな卵巣腫瘍や子宮筋腫、また赤ちゃんの発育を診るために用いられ、ほとんどの婦人科患者さんは腟から診ます。

この検査に抵抗のある方もいらっしゃいますが、腟から診ると子宮、卵巣は直ぐ近くにあるため、詳細な所見を得ることができます。

超音波検査で患者さんに当たる部分をプローブ、と言いますが、腟に用いられるプローブも、先端は丸く加工され、とても優しい形状をしています。現在のプローブは、加えてとても小さくなっています。

さて、婦人科の検査で主に出血をするものとして、

子宮頸がん検査

子宮体がん検査

がありますが、超音波検査は上に述べた様に、あまり出血する原因とはなりません。

子宮頸がん検査は子宮の出口をブラシでこすります。また体がん検査は子宮の中をこするため、どちらも多少の出血はみられます。

他に、例えば当院で行っている検査では卵管検査が、また処置では人工授精も少量の出血がみられることがあります。

クラミジア、淋菌検査や腟分泌物培養(おりものの検査)や、腟内洗浄でも出血があることも。

いずれも大量の出血を起こすものではありませんが、子宮頸管ポリープの切除後は比較的多めの出血がみられることもあります。

出血が気になる、心配なときにはお問い合わせ頂いたり、来院して頂いたりしていますが、数日で出血は止まることがほとんどです。