赤ちゃんを考えている方や、妊娠を心配している方にとって、妊娠検査薬はいつしたらいいのか、いつからできるのでしょうか。

妊娠検査薬

妊娠検査薬のしくみ

そもそも妊娠検査薬は、どのようなしくみで判定ができるのでしょうか。

排卵期に卵子と精子が受精して、5、6日が経過すると、受精卵が子宮に着床します。

これが妊娠の成立ですが、残念ながら、この時点では受診しても妊娠が分かりません。

受精卵からはhCGというホルモンが分泌されるのですが、ある程度の量が分泌されて初めて血液から尿へとホルモンが出されるため、着床してから1週間、つまり排卵から2週間ほどでようやく検出できる量に達します。

妊娠検査薬は、このように尿に含まれたわずかなhCGを検出するのです。

その検出濃度は、50であったり、25であったり、のものがあり、25の方がより早いうちに反応が出ます。

検査薬が陽性になるのはいつ?

さて、市販されている妊娠検査薬には、月経予定日から1週間経ったら検査を行ってください、と書いてあるものがほとんどです。

1週間経つ前に検査することを、フライング検査と呼んだり、中にはまだ検査してはいけない時期、と思ってらっしゃる方も。

排卵から2週間、つまり月経が来るかどうかの予定日でも、正常の妊娠であれば幅が広いですが、20〜300くらいのhCGが分泌されており、ほとんどが50以上であることから、予定日でも陽性反応は出るはずです。

生殖医療(不妊治療)などで排卵日が確定されている場合、その日から2週間ちょうどの日に検査をしてみてください。

しかし、月経が毎月きちんと正しく来ている方は別として、多くの方は排卵日が不確かです。ご自身で基礎体温や排卵検査薬を使っている場合でも、その排卵日は誤っている可能性があります。ましてや基礎体温、排卵検査薬を使っていない場合は、月経の予定は排卵が遅れることで不確かです。

妊娠していなければ、この薬を飲もう、とか、お酒を飲もうと考えていて検査をすることがあります。

妊娠検査を早く行ったために陰性で、妊娠していない、と判断されるため、市販の検査薬では多めにとって、予定から1週間、としているのです。それでも月経不順(排卵日が前後する)の方は、予定の1週間で陰性でも、その後も月経が来なければ、まだまだ妊娠の可能性がある、と言うことです。

まとめると、

・生殖医療(不妊治療)などで排卵日が確定されている場合→排卵日から2週間ちょうどの日に検査

・ご自身で基礎体温や排卵検査薬を使っている場合→排卵と判断した日から2週間ちょうどの日に検査、陰性でも月経が来なければ1週間後くらいに再度検査

・基礎体温や排卵検査薬を使っていない場合→月経の予定日に検査、陰性でも月経が来なければ1週間後くらいに再度検査、を繰り返す

ということになります。

妊娠した場合の、産婦人科への受診のタイミングはこちらをご覧下さい