子宮がん検診はやったことないけど、子宮頸がん検診は毎年行なっています。

子宮がん検診とはどう違うんですか?

子宮にできるがんは、主に子宮「頸がん」と「体がん」です。

このうち、子宮がん検診として毎年受けていただきたいのは「頸がん」検査です。


頸がんはHPV(ヒトパピローマウィルス)の感染が原因のため、性交渉の経験がある女性であれば、毎年の検診が勧められます。最近してないから、という方もいらっしゃいますが、過去に経験があり、その時にHPVが感染していたら、理論的には何年経っても子宮頸がんが発生する可能性があります。

一方、子宮がん検診、あと一つは何でした? とか、子宮がん検診て、体がん検診ですよね?と聞かれることもあります。

子宮頸がんとは異なり、子宮体がん検査は、みなさんに毎年受けていただくものではありません。

子宮体がんを受けるべきなのは、

・不正出血のある方。月経の量が多い(鉄欠乏性貧血を起こす)方。ただし、若年で、通常は月経がある方は必要ではありません。

・年齢は35歳くらいからですが、無月経の期間が3〜6ヶ月続く場合は、若年性子宮体がんを疑って検査することがあります。

・超音波検査の所見

 いくつかありますが、まず子宮の内膜が厚い場合で、目安として20ミリを超えた場合です。また子宮内膜ポリープがある場合も体がん検査を行います。

子宮体がん検査は子宮の中の細胞を採取するため、痛みを伴うこともあります。全く無痛、という方からとても痛く感じる方までさまざまです。

また、検査前に腟内を消毒しますが、まれに子宮内やお腹の中に感染を起こすことがあり、感染のリスクは当院では0.040%以下です。